条件別でお金を借りる

はじめてお金を借りる方法【借りたい男女が安心・安全なところ・場所を解説】

何事も初心者となれば、期待よりも不安の方が大きいという人が多いのではないでしょうか。しかもお金を借りる初心者では、基本的に利息を含めた返済が始まることになりますから、借りたら終わり、というわけではありません。

ということで、こちらでは安心・安全にお金を借りられるところ・場所についてまとめてみました。(関連 >>今すぐお金を借りる方法)

 

このページの要約点
  • 高い安全性と低金利で選ぶなら、銀行などの金融機関、国や自治体での借り入れがおすすめ
  • 借りる場所は、目的や属性、自身が重視する点などで選択することが望ましい
  • 大手消費者金融のカードローンなら、安心安全で利便性が高く即日融資可能
  • クレジットカードのキャッシング枠は、借り入れ場所も多く海外での利用も可能
  • 個人によっては質屋や勤務先なども借り入れがしやすいところ
↓最新版ランキング↓

【目次】このページ先読み

はじめてお金を借りる方法や場所について

はじめてお金を借りる人には、銀行法貸金業法などの法律をベースに運営している正規の機関を利用することがおすすめです。政府からの指導により法律を遵守した貸し付けを行っていますから、法外な利子を要求したり、違法な取り立てをしたりなどは一切なく、融資希望者に安心・安全な借り入れを約束しています。

安心・安全にお金を借りられる場所
  1. 銀行などの金融機関
  2. 消費者金融
  3. クレジットカード会社
  4. 市役所など国や自治体
  5. その他、はじめてお金を借りる場所

キャッシング初心者のおすすめ借入方法はカードローン

キャッシングが初心者の人には、大手銀行や大手消費者金融で提供されているカードローンが利用しやすいといえるでしょう。サービスが充実しており、借り入れや返済については、コンビニATMなど提携先が多く、利便性の高さはいうまでもありません。さらに、スマホアプリ公式サイトなど、インターネットさえあれば24時間いつでも手続き可能ということも大きなメリットですね。

また、利用者が多いという安心感に加え、サポートもしっかりとしているので、疑問点などがあれば、カードローン専用ダイヤルなどでの相談も可能です。

初めてカードローンで融資を受ける場所の選択で注意点を解説

お金を借りる場所を選ぶためには、まず自身が「借り入れで重視する点」を認識しておく必要があります。急な出張のために今日中の借り入れが必要という人もいれば、数週間後に控えた旅行で予備費を借り入れたいという人もいるでしょう。加えて、返済までにどれほどの期間が必要なのかということも重視しておきたいですね。

借り入れは、自身が最重視する点と自身のライフスタイルにも適した方法と、その方法で貸し付けを行っているところ・場所を選ぶことが第一です。

以下、重視する点ごとに最適なカードローンでの借入先について、挙げてみました。

低金利を重視する場合

低金利に着目してお金を借りたい人には、銀行カードローンを検討してみましょう。消費者金融では18%の金利が相場となっていますが、対して銀行カードローンの金利では、14%ほどが相場とされています。

そして、低金利の銀行カードローンは、主に高額融資を長期で受けたい人におすすめ。少額借り入れでは、支払い利息に大きな差はありませんが、高額借り入れでは、金利によって支払い利息も大きく変わってきます。

とはいえ、銀行カードローンは即日融資に対応していないことを理解しておく必要があります。また、土日には審査対応をしていないケースもありますから、申し込みから融資までの期間に余裕が持てる人に適しています。

そして、各会社の金利を比較するには、それぞれが提示している「上限金利」をベースにすることを心がけましょう。適用金利は、契約額(借入枠)が大きくなるほど下がることが一般的。はじめての契約では、借入限度額が50万円になることも多くあり、その場合上限金利の適用となります。そのため、金利で各社を比較する場合は、上限金利に注目するようにしましょう。

最短即日融資を重視する場合

とにかく今すぐお金を借りたいという人には、大手消費者金融のカードローンのご検討を。WEB完結での手続き、対応もスピーディですから、即日融資を希望する人に最適です。

誰にもバレずに借りることを重視する場合

お金を借りる人のほとんどが、できることなら家族や同僚など周囲の人たちに借り入れのことを内緒にしておきたいと考えているのではないでしょうか。やはりお金を借りるということは、人によってネガティヴなイメージがあるため、できる限り一人で解決したいという思いが強まるのでしょう。

この場合、WEB完結サービスが人気の大手消費者金融の選択がおすすめ。大手の銀行でもWEB完結サービスを行っているところは多くありますが、消費者金融なら、ローンカード郵送の心配不要であるカードレスや、条件付きで在籍確認の免除など、さらに様々なサービスが提供されています。

無利息などのサービスを重視する場合

大手消費者金融の中には、はじめての契約者に無利息期間サービスを行っているところがあります。短期間で確実に返済可能という人に最適です。

借入希望額により借り入れ場所を検討する

お金を借りたい人の中には、借入希望額を重視したいという人もいることでしょう。こちらでは、借入希望額による借り入れの場所をまとめてみました。

借入希望額が数万円の場合

お金を借りる人の多くは、「生活費における補填」を理由とされています。とにかく次の給料日までに少額融資ができればいいというケースでしょう。

結果的にいうと、数万円程度の借入希望額であれば、銀行・消費者金融ともに金利の差はそれほどなく、どちらが最適とは言い難いもの。

もしも借入希望額が1万円程度という少額なら、親や知人などから借り入れるほうが無難といえます。貸し付け業者によっては、最低借入金額を1,000円としているところもありますが、最高限度額は最低であっても10万円からとなっていることが多いもの。貸付側としては、「10万円貸し付けても返済の見込みあり」という高い信用度をベースにしており、その信用度がない場合は、数千円の融資も受けることはできません。

ちなみに、少額融資で短期間の全額返済が可能という人には、無利息期間サービスを実施している消費者金融カードローンの選択が最適といえます。

借入希望額が10万~50万円の場合

この場合、銀行や消費者金融のカードローン、あるいはクレジットカードのキャッシング枠を(関連:クレジットカードでお金を借りる方法)利用することがおすすめ。

特にクレジットカードでは、一括返済が難しい場合に、リボ払いできることがメリットですね。ただし、金利は年18.0%と高くなるので要注意です。

借入希望額が50万円以上の場合

50万円以上となると、収入証明書の提出が必要となるケースが多く、気軽な借り入れはできなくなります。その上、消費者金融※総量規制の対象となっていますから、基本的に年収の1/3を超える借り入れが不可能であり、初回の借入限度額は30万円以下とされることが多々。ということで、50万円以上の借り入れには、銀行カードローンが適しているといえます。もちろん、資金使途によっては、カードローン以外のローン商品のほうがお得に借りられる場合もあるでしょう。

また、50万円以上の借入希望額の場合、個人によっては、失業者や低所得者を対象とした公的融資制度を利用するほうがお得なケースもあります。

総量規制…借り入れ総額を年収の1/3までと制限した法律。

目的別で借り入れ場所を検討する

また、目的別によっても、最適な借り入れ場所は違ってきます。

オートローンや住宅ローン、教育ローンなど

オートローン住宅ローン教育ローンなど、高額なお金が必要であり、使用目的がしっかりとしている場合には、それぞれの目的に合った専用ローンの活用がおすすめです。

特に、住宅ローンでの借り入れ場所としては、銀行をはじめとする金融機関に加え、住宅金融支援機構の検討も視野に入れましょう。

また、学生の奨学金子供の教育資金などでは、国による融資なども考えましょう。

リフォームやブライダルなどのローン

高額借り入れというほどでもないリフォームブライダルなどのローンでは、低金利の銀行勤務先が福利厚生の一環として行っている従業員貸付制度を利用するのもいいでしょう。従業員貸付制度は、会社によって行っていないところもあるため、事前に確認を取っておきましょう。

目的がしっかりとしており、高額融資を希望するのでなければ、金利が低い従業員貸付制度の活用が最適といえます。

事業資金を必要とする場合

会社の設備投資や運転資金といった事業資金として借り入れを希望する場合は、銀行信用金庫などからの借り入れが最適です。法人なら決算書、個人事業主なら確定申告書の提出が必要となります。審査通過となれば、最大数千万円の借り入れが可能となります。

生活費や交遊費を必要とする場合

生活費交遊費として借り入れを希望するのであれば、銀行か消費者金融のカードローンを選びましょう。カードローンは利便性が高く、利用者のほとんどが、生活費や交遊費を目的に融資を受けています。

審査時間も短く、即日融資のカードローンを希望するのなら、消費者金融がおすすめ。特に大手消費者金融の中には、スピーディな審査を行い、土日でも即日融資を可能としているところがあります。無利息期間サービスの提供を行っているところもあり、自身のライフスタイルに適したカードローンの選択が可能です。

信用情報機関の記録が不安な人が借り入れするところ

クレジットやローンなどに関する個人の信用情報について不安感を抱いている人には、審査なしで融資が受けられるところを選ぶことも選択の一つ。

以下では審査なしで借り入れを可能としている方法・場所をご紹介していますので、ご参考にしてみて下さい。

個人信用情報機関では、他社借入やローン返済遅延、個人再生といった過去のトラブル情報の保有期間を、項目ごとに5~10年としています。このような金融トラブルを過去に起こしている人は、審査通過が困難と考えられますから、申し込みは可能な限り金融トラブルを解消してからのほうがいいでしょう。

金融トラブルに関して記憶が定かではない人は、開示請求を行うことも、安心な借り入れを行う一つの手段といえます。

タイプによるはじめての借り入れに適した場所のまとめ

はじめてお金を借りる人は、性別年齢別など、属性によってお得な借り入れが可能なケースもあるという点にも注意したいもの。

例えば、公務員の人がはじめてお金を借りたいという場合には、共済組合貸付制度が最適とされています。

個人事業主がはじめての資金調達に適した方法、場所については、以下の記事でご紹介しています。

お金を借りたいものの、自身には収入がないという人には、以下の方法・場所をお試し下さい。

そして、女性がはじめてお金を借りる場合には、女性専用のキャッシング方法やその場所についてまとめた以下の記事をご覧下さい。女性ならではのサービスを充実させているところもありますから、必見です。

他に、未成年学生収入が少なめの人などには、以下の記事で借り入れ方法や場所についてまとめています。

1. 銀行ではじめてお金を借りる

銀行では、資金使途に合わせた様々なローン商品が用意されています。中でも銀行カードローンは、消費者金融よりも低めの金利で提供されており、借り入れがはじめてという人におすすめな借り入れ方法です。

以下の記事では、銀行での借り入れについてご紹介しています。

厳密な審査で融資までに時間がかかるが安心感抜群

銀行では、カードローン以外にも、フリーローンや住宅ローンなど、まさに多彩なローン商品を取り扱っています。しかも、消費者金融より低金利で限度額が高いというメリットが特徴。

ですが、低金利という好条件を持つ銀行だからこそ、審査はとても厳しく、即日融資は不可となっています。

また、働く人をしっかりとサポートしてくれるろうきんの組合員であれば、基本的に銀行よりもさらに低金利な借り入れが可能ですから、検討してみてはいかがでしょうか。ろうきんは、営利目的とした団体ではありませんから、運営を可能とする最低限の収益をベースにしています。そのため低金利での貸し付けを行っているのですが、条件(関連:レイクALSAで借りる条件SMBCモビットで借りる条件)によっては金利に違いがあること、審査がとても厳しく融資までの期間が長いということがデメリットとして挙げられます。

銀行カードローンは総量規制対象外だが自主規制

ちなみに、銀行カードローンは基本的に総量規制の対象外となっていますが、過去に金融庁から過剰貸付の指摘を受けたことにより、借入限度額の引き下げや審査の厳格化といった自主規制を実施しています。よって、消費者金融と同じく、年収の1/3を超過する借り入れが困難となっています。

総量規制をオーバーする借り入れを考え中の人は、総量規制の除外・例外としたローン商品が用意されている消費者金融を選ぶほうがいいでしょう。

2. 消費者金融ではじめてお金を借りる

消費者金融といえば、昔はネガティヴなイメージを強く持っていましたが、今ではとてもクリーンで丁寧なイメージが定着し、ローン商品も増え、まさに老若男女問わず、中でもカジュアルな借り方ができるカードローンが人気です。

はじめてお金を借りる人は特に、即日融資可能オリジナルサービスも充実した大手消費者金融のカードローンが、さらに安心安全でおすすめです。

安心できる正規の貸金業者を利用することが必要

消費者金融のイメージがポジティヴになっているとはいえ、残念なことに、闇金などといわれる違法貸金業者は各地に多く存在しています。ですが、そのようなところから借り入れをすると、安心・安全どころか、様々な危険に脅かされることになりますから、絶対にNG

必ず正規の貸金業者を選ぶことが大切です。正規の貸金業者であれば、万が一返済に遅れたとしても、法的な業務範囲内で督促も適切に行われ、安心です。

では、正規の貸金業者を見分ける方法をご紹介しましょう。

法定金利(上限金利)が適用されていること

2010年6月に施行された改正貸金業法グレーゾーン金利が撤廃され、法定金利(上限金利)は利息制限法における水準となっています。つまり、

  • 元本10万円未満…20%
  • 元本10万円以上100万円未満…18%
  • 元本100万円以上…15%

となっているのです。

この上限金利を超える金利での貸し付けを行った場合、民事上は無効となり行政処分対象となるほか、出資法での上限金利を超える金利での貸し付けにおいては、刑事処罰の対象となります。

いわゆる、闇金などといわれる違法業者のことですね。優しく語りかけてくるソフト闇金も、最終的には大きなトラブルに発展することがわかっていますので、利用は絶対にNGです。

登録貸金業者を利用すること

貸金業務には、登録を行うことが義務付けられており、正規の貸金業者であれば、登録番号を必ず保有しています。名前を聞いたことがない貸金業者の利用を検討しているのであれば、申し込み前にチェックすることをおすすめします。

必ず、登録貸金業者を利用するようにしましょう。

全国展開の消費者金融で借入・返済がしやすい

今では公式サイトスマホアプリWEB完結サービスを提供している、全国展開の消費者金融も多く、特に大手消費者金融は実店舗も多数点在しています。

しかも、お金を借りたいというタイミングやシチュエイションは個人によってそれぞれ。土日や深夜などであっても、WEB完結なら24時間申込可能です。深夜に審査対応はしていないものの、夜の申し込みで翌早朝には対応してくれますから、審査通過の連絡後、契約はいつでもOKということに。自動契約機でカードを受け取り、提携先のATMで借り入れが可能です。

WEB完結関連ページ

また、カードローンのほとんどが振り込みでの借り入れとなりますが、基本的に銀行の営業時間内でなければ、融資を受け取ることができません。ですが、大手消費者金融の中には、土日深夜であっても振り込みを可能とするサービスの提供を行っているところもあり、24時間いつでも即時振り込みに対応している銀行の口座があれば、利用可能です。

今日中に融資可能で充実したサービス

消費者金融は、銀行に比べて、金利が高めで限度額が低いことがデメリットとはされていますが、既述した通り、大手の消費者金融は即日融資に対応していますから、今すぐにお金が必要という人には、大手消費者金融を選択することが先決でしょう。

さらに、大手消費者金融の中には、無利息期間サービスを提供しているところもありますから、はじめてカードローンを契約する人で、返済もすぐに行える人は、そのようなサービスを充実させているところを選ぶといいでしょう。

他にも、周囲にバレないように借りられるサービスとして、郵送がないカードレスや、在籍確認を電話なしで可能とするサービスなども提供しているところがあります。

消費者金融は総量規制の対象

消費者金融は、基本的に総量規制の対象とされていますから、多重債務者を増やさないように、借入総額は年収の1/3までとしています。

例として年収と限度額を挙げてみましょう。

  • 年収300万円…借入限度額100万円
  • 年収240万円…借入限度額80万円
  • 年収180万円…借入限度額60万円
  • 年収120万円…借入限度額40万円
  • 年収90万円…借入限度額30万円

つまり、総量規制によれば、年収が少なめの人ほど、借入限度額が少なくなる、ということ。

貸金業者である消費者金融などが総量規制の対象とされていることから、銀行カードローンを利用したほうが高額融資可能と考える人も多いようです。ですが、銀行自体も総量規制と同じく自主規制を実施しており、審査はとても厳しく、高額融資の審査通過はなかなか難しいもの。

消費者金融であれば、例外として既に借入総額が年収1/3を超えている場合(参照:総量規制が適用されない場合について)でも、返済能力ありと認められれば、融資可能としてくれるところが多くあります。

その契約の1つとは、総量規制の「除外貸付け」であり、借入残高に借入額が算入されないことから、新しい借り入れに影響は与えられません。除外貸付けに分類される貸付けとは、

  • 住宅ローン
  • 自動車ローン
  • 高額医療費における貸付け
  • 有価証券を担保とした貸付け

などが挙げられます。

そしてもう1つ、総量規制の「例外貸付け」は、総量規制に関わらず借入可能としますが、借入残高に借入額が算入されることになります。例外貸付に分類される貸付けとは、

  • 借入残高の減少目的による借り換え
  • 利用者に有利となる借り換え
  • 配偶者との合算年収の1/3以下の貸付け(ただし配偶者の同意要)
  • 条件付きによる個人事業者の貸付け

などが挙げられます。

つまり、場合によっては銀行よりも消費者金融で高額融資が受けられる可能性もあるということです。ただし、しっかりとした返済計画を準備していることが前提です。

そして、上記で何度も「銀行の審査は厳しい」としていますが、消費者金融が厳しくないというわけではありません。正規の貸金業者は、総量規制を遵守しており、審査もしっかりと行っています。はじめての利用者で審査が不安な人には、以下の記事も合わせてご確認下さい。

3. クレジットカード会社ではじめてお金を借りる

既にクレジットカードをお持ちの人なら、そのキャッシング枠を利用することが、最も手軽な借り入れ方法といえるでしょう。特に近年では、提携しているATMの設置が増えており、海外での利用もシンプルにできるようになっています。

もちろん、最も手軽な借り入れ方法とはいえ、デメリットがないわけではありません。金利が高めであること、キャッシング枠とショッピング枠が連動していることなど、利用する上で注意しておきたい点がいくつかあります。

クレジットカードのキャッシング枠については、以下の記事で詳細をご説明しています。

また、クレジットカードも女性専用として特別なサービス満載のカードも増えています。クレジットカードをまだお持ちではない女性は、以下の記事もチェックしてみて下さい。

4. 市役所など国や自治体ではじめてお金を借りる

はじめてお金を借りる人で、とにかく低金利でおさえたいという人には、市役所日本政策金融公庫などが窓口となっている、国や自治体からの融資制度も検討しましょう。条件さえ合えば、低金利での借り入れが可能です。

貸付側は国や自治体ですから、まさに安心・安全の借り入れ方法となります。

ただし、消費者金融とは違い、即日融資は不可。即日融資どころか、審査がとても厳しく、時間もかかるため、申し込みから契約まで1ヶ月以上かかることが多々です。時間に余裕があり、提出書類なども事前にしっかりと準備した上で、申し込むことが重要です。

5. その他、はじめてお金を借りるところ

他にもお金を借りる場所をまとめてみました。

審査不要で誰にも知られない「質屋」

今では質屋での借り入れも、若い人を中心に、利用頻度が高まっています。ブランド品や高級貴金属などをお持ちの人には、人気の借り入れ方法といえます。銀行や消費者金融などからの借り入れとは違い、審査は不要、個人の信用情報も調べられることがありませんから、審査に不安がある人にはおすすめの借り入れ場所といえるでしょう。もちろん、即日融資に対応しているところが多々。

万が一期日までの完済できなくても、質屋としては預かり物品の所有権利を手にするわけですから、後々督促の連絡をされることもなく、誰にもバレない借り入れ場所ともいえるのです。

「勤務先」での給料前払い制度

既に、勤務先で低金利の借り入れが可能な「従業員貸付制度」について述べています。

この制度の利用以外にも、給料日前に給料の一部を受け取る「給料前払い制度」を実施している会社も増えてきています。(関連:アルバイトでもお金を借りる方法一覧やカードローンがおすすめな理由・確実に審査に通るコツ)もし勤務先で給料前払い制度を導入しているのなら、検討してみるのも一つの方法です。

加入している「生命保険会社」の契約者貸付制度

加入している保険が対象である場合、「契約者貸付制度」を利用するのもいいでしょう。まだ保険に加入していない人で、今後借り入れの必要があるかもしれないという人には、契約者貸付制度の対象となっている保険に加入するという手もありますね。

ただし、生命保険の契約者貸付制度には、利用する上で十分に理解しておきたい注意点がいくつかあります。事前に、是非とも以下の記事をご参照下さい。

「親や知人」など周囲を頼る

個人間融資など危険な借り入れ方法は絶対にNGですが(関連:個人間融資掲示板)、「親や知人」といった既に親しい関係性にある人に借り入れを依頼することも、最後の手段としておきたいものです。関係性によっては、無利息などとても都合の良い条件で貸し付けしてもらえる可能性もありますが、間柄を良好に保つためにも、以下の記事に挙げた注意点を重視することが必要です。

 

【最新版】ランキング

【直近3ヵ月の人気・申込数順】※当社調べ
WEB申込で完結&最短1時間カードレス郵送物なしだから誰にもバレずに借りれます。

1位 プロミス
瞬フリ(振込キャッシング)で24時間365日最短10秒で金融機関口座への振込も。急いでいる方も安心です。

 

2位 モビット
インターネットからの申し込みで電話も郵送物もなしで、WEB完結も可能です。

 

3位 アイフル
郵送物なしのWEB完結だから誰にも知られずに借り入れができます。簡単3ステップで借り入れができて、審査も最短30分。