基礎知識

延滞すると信用がなくなり借りられなくなるので注意

借り入れをする前に、「延滞したらどうなるんだろう?……」と疑問に思ったことのある方も多いでしょう。
中には、借り入れをした後で「1回2回くらいなら延滞しても大丈夫だよね」と勝手に解釈してしまうという方もいるかもしれません。
しかしながら、延滞というのは思っている以上に大きなマイナスになります。
人間であれば生きているうちに、1回や2回はうっかりしてしまうということが起こるものですが、借り入れの際にはうっかりでは済まされないのです。注意しておきましょう。

(関連:今すぐお金借りる必要がある人用の方法!即日で借りたいなら『お金借りる今すぐナビ』)

この記事を読むとわかること
  • 返済遅滞したらどうなるか
  • 返済遅滞は信用情報に傷がつく
  • その後の借入ができなくなる可能性がある
  • 返済の遅滞・遅延は絶対にしない
  • 返済できる範囲で借りることが大切
↓直近3か月の最新版ランキング↓

延滞するとに信用情報傷がつくデメリット

借り入れに限らず、延滞というのはいろいろなところで起こり得るものです。
延滞というとレンタルDVDなどを思い浮かべるかもしれませんが、借り入れでの延滞とレンタルDVDでの延滞というのはその重さがまったく異なります。
レンタルDVDなどと同じような感覚で借り入れの延滞をおこなってしまうと、取り返しのつかない事態に陥ってしまいます。

お金を借りたら、そのお金を返さなければいけません。当然のことです。今は借り入れのための商品やサービスがいろいろあるものですが、基本的に借り入れをしたらそれと同時に返済が始まるものです。
今まさに毎月毎月の返済に追われているという方もいるかもしれません。
長く返済していくことになるというケースもあるでしょうし、すでに長く返済を続けているという方もいることでしょう。
そうなってくると「1回や2回くらい……」という邪な考えが出てきてしまうものです。

ただ、借り入れの延滞をすると金融機関を通じて、信用情報(関連 >>キャッシング・カードローン用語・単語集)に記録されることになります。
ちなみに、最近では携帯電話などの機種代がかなり高くなっており分割して支払うことが多くなっているのですが、これも延滞すると信用情報に記録されるといわれています。
どのタイミングで信用情報に記録されるのかという部分はそれぞれの金融機関によって違ってくるのですが、だいたい2か月から3か月以上の延滞で記録されることが多いそうです。一度信用情報に延滞の記録が載ると、その延滞を解消してからも最長で1年から5年はその記録が残ることになります。

こういった延滞というのは事故情報と呼ばれ、信用情報に事故情報が記録されることを「信用情報に傷がつく」と表現するのです。信用情報というのはその後の借り入れの際にも重要になってくるものですので、信用情報に傷がついてしまうと思っている以上に大きなダメージを負うことになります。

・関連ページ
>>銀行でお金を借りる方法【ローンの種類や流れ・デメリットを解説】
>>お金借りる時に嘘をつく危険性・借入金額の虚偽申告はバレるが借りれる

延滞で信用情報に傷がつくとお金を借りる事が不可になる

先でもお話しましたように、借り入れをした後でその返済を延滞してしまうと信用情報に傷がつくことになります。

信用情報に事故情報が記録されることになりますので、その後の借り入れなどにも大きな影響が出てきます。簡単に言ってしまうと、借り入れができなくなってしまうのです。

延滞の理由もさまざまでしょうが、お金を貸した側にしてみればどのような理由であれ本来であれば返してもらえるはずのお金が返ってこなかったということになります。

例えば、誰かに「明日までに返してね」と本を貸したとします。相手が「ごめん、忘れた!」と数日返してくれないだけでも相手への信頼や信用といったものはなくなってしまうものです。

これと同じことです。黙って延滞するよりは事情を説明するために連絡を入れたほうがいいという話もありますが、それで聞き入れてくれるかどうかはそれぞれの金融機関によって違ってきます。

このように延滞というのは信頼や信用というものを失ってしまう行為です。借り入れができなくなってしまうというのは、ある意味では当たり前のことです。
延滞によって、クレジットカードの審査に通らなくなってしまう、クレジットカードの更新ができなくなってしまう各種ローンの審査に通らなくなってしまう、すでに利用している借り入れの利用限度額を下げられてしまう、すでに利用している借り入れのための商品やサービスが利用停止となってしまうといった事態に陥ってしまいます。

ただ借り入れができなくなってしまうだけではなく、さまざまな問題が発生してくるのです。

延滞・遅延は絶対にしないように

延滞というのは信頼や信用といったものを失ってしまう行為ですし、それによって借り入れができなくなるだけではなく、さまざまな問題が発生してくるようになります。だからこそ、延滞は絶対にしないようにしましょう。

延滞をしないためには、借り入れの際に「いくら借り入れできるのか」という部分ではなく、「いくらなら問題なく返済ができるのか」という部分を最優先で考えることです。ここを意識するだけでも、借り入れ後の状況というのは違ってくるはずです。
また、こういった部分に加えて、お金の管理というものを改めて徹底しておこなっていくようにしましょう。お金の流れを自分で把握しておくことは、その後の人生でもプラスになるはずです。

【直近3ヵ月】申込数ランキング

※当社調べ
WEB申込で完結&最短1時間カードレス郵送物なしだから誰にもバレずに借りれます。

瞬フリ(振込キャッシング)で24時間365日最短10秒で金融機関口座への振込も。急いでいる方も安心です。

 

インターネットからの申し込みで電話も郵送物もなしで、WEB完結も可能です。

 

郵送物なしのWEB完結だから誰にも知られずに借り入れができます。簡単3ステップで借り入れができて、審査も最短30分。
関連ページ