お金借りる今すぐナビ
お金借りる

カードローン利用でお金を借りる上手い方法・流れ等解説

生活費はもちろんのこと、交際費や子供の教育費用など、突然のことから借り入れが必要になることは、誰にでも起こり得ることです。そのような急ぎの借り入れには、家族や親戚、友人を頼る人も少なくないでしょう。ですが、「金の切れ目は縁の切れ目」とも言うように、お金は何かとトラブルの原因になるもの。できる限り、親しい人には知られたくないと思っている人もいるはずです。そこで、今すぐお金を借りる必要がある時のなら、カードローンが一般的です。

とはいっても、カードローンでの借り入れ方法などに不安を感じる人も多いのではないでしょうか。ここでは、カードローンにて借り入れをするまでの基本的な流れを解説していきましょう。(関連:今すぐお金を借りる手段※本当に即日でお金を借りたい人におすすめの方法【お金借りる今すぐナビ】)

 

カードローンでお金を借りる流れ

まずは、カードローンで借り入れるまでのベイシックな流れをご説明します。

カードローンでの借り入れは、借り入れ先や選択した申込方法により違いがあるものの、基本的には、「申し込み~審査結果~契約~借り入れ~返済」という流れになっています。

カードローンの申し込み方法

まず申し込み方法ですが、主に、WEB(インターネット)、自動契約機(無人契約機)、窓口、電話による申し込み方法があります。このうち、時短かつシンプルに行える方法が、WEB申し込みです。他の方法では、来店・再来店、書類の受け取り・返送などの手間が多く、都合が良い時間帯に済ませられるとは限りません。インターネットでの申し込みであれば、24時間思い立った時間での申し込みが可能な上、記載ミスなどもその場でチェックされますから、時間を無駄にする必要がないのです。

カードローン会社による審査

そして申し込み後は、カードローン会社による審査が行われます。申し込み時に得た個人情報や、これまでのローンやクレジット利用の返済歴、その他借り入れと返済遅延の有無といった信用情報について、借り入れ先と個人信用情報機関で照会、その結果、審査通過が可能かどうかの判断を下します。

審査の所要時間は会社によって異なりますが、一般的に営業日の1~3日、早ければ30分~1時間ほどです。急いでいる人は、申し込みを終える前に、審査に要する時間をチェックしておきましょう。

・関連ページ >>審査なしでお金を借りる確実・安全な方法・即日融資希望の時は消費者金融

カードローンと契約

審査が無事に通過となったら契約、カードを受け取ることができます。基本的に、郵送か店頭での受け取りになりますが、いずれにしても本人確認のため、運転免許証やパスポート、健康保険証などのIDが必要になります。

郵送であれば、契約書類もカードと一緒に届きますから、書類に必要事項を記入、返送して契約完了、店頭での受け取りであれば、契約書類をその場で完了させ、カードの受け取りとともに契約完了となります。会社によっては、カードだけ契約機での受け取りとしているところもあります。

契約後お金を借りる流れ

また、最近は本人確認IDをアップロードするなど、カードローンの契約をスピーディに済ませ、借り入れ先によっては即日融資も可能とする「WEB完結(インターネット完結)」タイプも有名です。契約完了後は、指定のATMより現金借り入れができる上、指定口座への振り込みや窓口での受け取りも可能です。

専用のアプリを使って借り入れするなど、カード発行がないカードレスローンを行っている会社・金融機関も、今は増えています。他にも、契約さえ完了していればカードが届く前であっても指定口座への振り込みを可能にする、引き落としなどで口座残高不足となる場合に便利な機能である自動融資など、各社で様々なサービスが提供されています。

借入の返済の種類

そして返済は、「指定口座より自動引落」、「提携金融機関・コンビニなどに設置されているATMより返済」、「自社ATMより返済」、「窓口返済」の方法があります。ちなみに、カードローン会社により返済方法は異なっているため、返済方法がフレキシブルなカードローン会社を選択する人も多いようです。

・関連ページ >>コンビニATMなら今すぐお金を借りられる!方法・おすすめのコンビニ

 

カードローンでお金を借りる時の申し込み方法

カードローンを契約するための第一歩である、主な申し込み方法の詳細についてまとめていきます。

WEB(インターネット)から申し込む

まず、WEB(インターネット)ですが、パソコンやスマートフォンがあれば良いので、場所や時間を気にすることなく申し込みできることが特徴です。本人確認のための書類もメールやサイトでのアップロードで提出可能なので、その手軽さが人気です。

特に最近流行りのWEB完結であれば、来店不要のまま、申し込みから借り入れまでの手続きが可能で、誰にもバレたくない(関連  >>誰にもバレずにお金を借りる事は可能なのか)、急ぎのキャッシングや即日融資が必要な人にはおすすめのサービスです。(関連 >>即日お金借りる方法は銀行振込)

インターネットに不慣れな人であれば、電話の申し込みもいいでしょう。申し込み専用ダイヤルへ直接電話をし、申し込みをしますが、その際本人確認書類は、ネットはもちろん、FAXや郵送、自動契約機(無人契約機)でやり取りします。不明なことがあれば、その時に直接伺えるというメリットがあります。(関連 >>お金借りるための必要書類)

自動契約機(無人契約機・ATM)で申し込み

また、とにかく申し込みからカード発行までを一貫して済ませたいという人には、自動契約機(無人契約機)の利用も一つの方法です。専用のATMで行うため、WEB完結とは違い、出向く必要がありますが、時短で行えます。(関連 >>お金借りる方法は銀行振り込みか提携銀行ATM)

窓口で申し込む

そして窓口での申し込みも、出向く必要があります。本人確認書類が必要なケースがほとんどで、忘れた場合は再来店となることも。ただ、スタッフによる対応ですから、不明点などの質問ができ、記入漏れといったミスも防げて、安心感が持てます。

 

カードローンでお金を借りる前の確認・重要な事

カードローンでは、その契約時の金利により利息がかかるのですが、会社によって「30日間の無利息期間」や、一定額まで「180日間無利息期間」といったサービスを設けているところがあります。

初めての人用に無利息期間も存在する

例えば、25日後のボーナスには全額返済できるとわかっている場合、それまで必要な額だけを借りて、30日以内に全額返済すれば、無利息の借り入れとなるわけです。(関連 >>余裕があったら多めに返済して金利を減らす努力を)

ただし、会社によっては、「初回の借り入れより30日間の無利息」であったり、「契約日より30日間の無利息」であったりと、サービス内容が微妙に違っているので、その点もしっかりと確認しておくことが大切です。(関連:今すぐお金を借りる手段※本当に即日でお金を借りたい人におすすめの方法【お金借りる今すぐナビ】)

キャッシュバックのキャンペーンもある会社がある

また、一定期間の利息だけキャッシュバックしてもらえるキャンペーンを行っている会社もありますから、申し込み前にお得な借り方のチェックも必須です。

そして、できる限り低金利のカードローンを選択することも重要です。一般的に、消費者金融よりも銀行の金利は低めで、特にネット銀行であれば、管理しなければいけない店舗を持たないことから、店舗型銀行よりも低金利の傾向にあります。(関連 >>金利を気にするよりも大切な返済総額や資金繰り等のポイント借金の一本化(おまとめローン)して金利を下げるデメリット・注意点を解説)

カードローンで高額融資を希望している人には、利用限度額が高くなるほど低金利になることも覚えておきましょう。

高額なカードローンは、当然ながら高所得者への融資に限られていますから、返済の確実性も高く、カードローンが高額になるほど貸し倒れリスクは低くなると考えられ、金利は低くなっていきます。そういったことから、金利を低く抑えるために、高額利用限度額のカードローンを契約するという利用法もあります。ただし、利用額が限度額よりも明らかに低い場合は、限度額を減額されるケースもあり、注意も必要です。(関連 >>毎月の返済額は少ないが約半分は金利)

今すぐお金を借りたい時にも重宝する

最後に、カードローンは基本的に、他のローンと比べて、借り入れの使途が自由であり、申し込みから融資の期間が短めです。申込みの手続きが比較的簡易であるため、それぞれの状況に合わせ、とにかくできる限り早くに融資を受けたいという人に向いています。

ですが、他のローンよりも金利が高く設定されている傾向にあるため、融資を受けるまでの期間に余裕が持てる人、金利を抑えて融資を受けたい人には向いていないローンと言えます。

特に、初めての利用者であり、安心してカードローンを利用したい人には、上限金利が適用されるケースも考え、各社の上限金利もしっかりと確認しておくことが大切です。

・関連ページ >>今すぐお金を借りる手段※本当に即日でお金を借りたい人におすすめの方法【お金借りる今すぐナビ】