どこでお金を借りる?

カードローンでお金を借りる方法・申込や審査・注意点等解説

生活費はもちろんのこと、交際費や子供の教育費用など、突然のことからお金を借りる必要がでてくるというのは、誰にでも起こり得ることです。そのような急ぎの借り入れには、家族や親戚、友人を頼る人も少なくないでしょう。ですが、「金の切れ目は縁の切れ目」とも言うように、お金は何かとトラブルの原因になるもの。

できる限り、誰にもバレずにお金を借りたいと思っている人もいるはずです。そこで、今すぐお金が必要で借りたいのなら、カードローンが一般的です。

とはいっても、カードローンでお金借りる借り入れ方法などに不安を感じる人も多いのではないでしょうか。ここでは、カードローンにて借り入れをするまでの基本的な流れを解説していきましょう。

この記事を読むとわかること
  • 今すぐお金が必要になったときカードローンを利用する方法
  • カードローンは大きく分けて、銀行などの金融機関、消費者金融 信販会社の3種あり
  • 申込は、ネット・自動契約機・窓口のいずれか
  • キャンペーンを上手に活用する
  • 来店不要のWEB完結、最短即日融資、無利息期間などサービス提供もあり
お金を借りたい人向け【最新版】
<審査通過に成功するコツ>虚偽(ウソ)は書かない ②免許証等の提出書類の添付忘れ ③限度額設定は必要な分だけ ※ブラックは申込・借入不可
―――――――
プロミス ※最短即日借りれる \初めてなら30日間無利息(条件下記参照)/
―――――――
三菱UFJ銀行カードローン
バンクイック
※銀行ならではの金利 月々返済1000円~可!三菱UFJ銀行の口座不要
―――――――
アイフル ※最短当日借りれる \20時迄の審査申込で最短即日借りれる/
↓最新版ランキング↓

【目次】このページ先読み

お金借りる方法の一つ「カードローン」

ではまず、カードローンについてご紹介していきます。

利用者が増えているカードローンとは?

カードローンは、銀行や消費者金融などが提供している無担保・無保証での個人向け融資サービスです。

今では、全国各地に多く展開しているコンビニの提携ATMやネットでの借り入れが主流で、限度額範囲なら何度でも借り入れ可能。シンプルかつスピーディな借り入れが特徴的ということで、年代を問わず利用者は増加傾向にあります。

一般的な目的別ローンサービスとの違い

金融機関・銀行では、リフォームローンやマイカーローンなど、様々なローン商品が用意されています。そのようなローン商品を目的別に利用することで、金利を低く抑えるなどメリットが多くあるもの。とはいえ、利用の際に手続きが面倒であったり、実際に借り入れとなるまでに時間がかかったりといったデメリットもあるものです。

その点カードローンは、手続きはそれほど難しくなく、提供している貸付側によっては即日融資にも対応しています。また、限度額内で借りたい時に必要な金額だけを借りられ、利便性の高さが抜群。

クレジットカードのキャッシング枠との違い

次にクレジットカードのキャッシングとカードローンの違いを挙げてみましょう。

コンビニのATMなどから借り入れ可能という点においては、カードローンもクレカのキャッシングも同じといえます。ですが、利用限度額と金利には大きな違いがあるのです。

カードローンは、クレカのキャッシングより比較的低金利な設定がされているため、長期利用におすすめ。またクレカのキャッシングで限度額は、10万~100万円という設定がほとんどです。比べてカードローンは、10万~1,000万円という高額設定が一般的で、高額融資希望者には最適でしょう。

利便性が高いカードローンの種類

カードローンには、大きく分けて

  • 銀行など金融機関提供のカードローン
  • 消費者金融カードローン
  • 信販会社など信販系カードローン

という3種類があります。

審査のスピードや金利はもちろんのこと、サービス内容などにも違いがあります。自身に最適な特徴を持つカードローンを選択することがが大切です。

個人向け融資の各種カードローンを比較

銀行や信用金庫などの金融機関消費者金融信販会社が提供しているカードローンは、違いも多くあるもの。

では、以下にそれぞれの特徴をご紹介していきましょう。

低金利な銀行系・他金融機関カードローン

ネット銀行を含めた銀行・信用金庫・農協(関連:JA(農協)でお金借りる)やろうきんなど金融機関で提供されているカードローンは、低金利ということが大きな特徴。金利の低さは支払う利息に影響しますから、低金利なカードローンでの借り入れは、利用者にとってお得ですね。

安心感と信頼度が高め

いつも使っている銀行、やはり銀行ということから、借り入れにも安心感が持てるとして銀行カードローンを選択している人も少なくありません。

上限金利は消費者金融より低めに設定

記述通り、銀行カードローンの大きな特徴は、やはり低金利であること。

ちなみに、金利で比較する場合、上限金利をチェックします。その理由に、カードローンで初めて借り入れをすると、上限金利が適用される可能性が高いためです。

以下、銀行と消費者金融カードローンの上限金利のみを比較してみました。

上限金利
銀行カードローン 12.475~17.800%
消費者金融カードローン 17.800~18.000%

金融機関の中には、「住宅ローンの利用で、カードローンの金利を○%引き下げ」といったサービスをしているところもあります。

金融機関により設定されている金利は様々ですが、消費者金融と比べれば、ほとんどの場合で上限金利は低めです。とはいえ、銀行によっては消費者金融とほぼ変わらない上限金利の設定がされていることも事実。

銀行なら低金利、と漠然とした理解で選択をしてしまうことには、注意しましょう。

手数料無料の提携ATMが多め

カードローンは、いつでも借り入れや返済ができるという利便性の高さが人気です。ですが、ATMを利用する度に手数料がかかっているとしたら、その負担はかなりなもの。

銀行カードローンであれば、提携しているコンビニATMなどでも手数料無料で利用可能とするケースが多くあります。

キャッシュカード一体型のカードローン

金融機関の中には、普通預金のキャッシュカードにてカードローン機能を追加、ローンカードを発行していないところもあります。キャッシュカードということで周囲にもバレにくく、近年人気が高まっています。

基本的に無利息期間サービスはなし

大手消費者金融が大きなメリットとしているサービスの「無利息期間サービス」。カードローンの強みともいえるサービスですが、残念ながら銀行系カードローンには基本的に提供されていないことがほとんど。

つまり、数ヶ月といった短期間でカードローンを利用するのであれば、無利息期間の設定をしている消費者金融のほうがお得でしょう。また、無利息期間を設けている金融機関のカードローンを探してみるのもいいでしょう。

逆に6ヶ月以上の借り入れ予定であれば、低金利な銀行系カードローンを利用するほうがお得といえる可能性大です。

申し込んだ当日中に借入不可

銀行系カードローンでは、2018年より審査の厳格化が強められたために、即日の審査や融資は行われていません。今すぐにお金が必要という人には、即日融資対応の大手消費者金融カードローンが便利です。

土日祝日の申込可能だが融資は翌営業日

インターネットの利用によって、銀行系カードローンも24時間申し込みを可能としています。ただし、平日稼働となっている警視庁のデータベースでの照会を義務付けられていることもあり、本審査は平日完了ということに。

そのため、銀行系カードローンは土日祝日の申し込みができても、融資は翌営業日以降となってしまいます。

早い審査結果!消費者金融カードローン

消費者金融カードローンでは、スピーディな審査最短即日融資など、多くのメリットがあります。もちろんデメリットもありますから、申し込む前のチェックは重要ですね。

普通預金口座開設の必要なし

銀行と消費者金融の大きな違いでは、預金可・不可も一つ。消費者金融は不可ですから、カードローン契約のための口座開設は基本的に不要なのです。

銀行など金融機関のカードローンでは、口座開設を必須としているところが多くあります。口座開設がデメリットというわけではありませんが、その手続きや管理は個人によって手間なもの。ですから、シンプルにカードローンだけを利用できることは、消費者金融カードローンの大きなメリットといえるでしょう。

ネット完結・来店不要で最短即日融資

消費者金融の中でも特に大手であれば、審査時間を最短30分で完了させ、融資までには最短1時間としている会社が多くあります。来店不要で融資までをネット完結できるところは多くありますが、最短即日融資を可能としているところは多くありません。

とにかくスピーディな借り入れを望む人には、大手消費者金融のカードローンを選ぶことが先決でしょう。

便利でお得な無利息期間サービスあり

消費者金融カードローンの人気サービスに、初回利用者を対象とした無利息期間の設定があります。会社によってその期間の長さは様々ですが、期間内に返済完了となれば、金利は無料とされています。短期間での完済が見込める利用者には、是非とも利用したいサービスですね。

ただしその期間のスタート日も「契約した翌日」や「借り入れした翌日」などと会社により違いがあります。無利息期間サービスの利用を考えている場合は、申し込み前に無利息期間スタート日の確認が大切です。

高い金利設定のケースが多め

スピーディな審査、最短即日融資など強みが多い消費者金融カードローンですが、金利が高めに設定されていることが多々あります。上記で上限金利について触れていますが、消費者金融カードローンの上限金利も会社ごとで異なります。

金利が気になる人は、まず各社の上限金利で比較検討してみましょう。

総量規制の対象、利用可能枠に注意

消費者金融では、貸金業法の「総量規制」が適用されています。総量規制により申込者の借入総額は年収の1/3までと決められているため、既に他社借入などがある人の申し込みは要注意。もちろん、収入がない人は申し込みができない場合が多々です。収入が少なめの人も、希望通りの利用限度額となる可能性が低いことを覚えておきましょう。

ちなみに、銀行は銀行法が適用されているため、表向きは総量規制の対象外となっています。ただし過去に過剰融資の指摘を受けたことから、銀行といった金融機関では総量規制同様の自主規制を実施しています。

独自の商品性を持つ信販系カードローン

クレジットカード発行といった業務で有名な信販会社なども、カードローンの提供を行っているところがあります。信販系カードローンは、やはり信頼度の高さが大きな特徴でしょう。

信頼度の高さが希望なら信販系を

信販会社とは、社会的な信頼度の高さをアピールポイントにしています。特に大手信販会社は、クレジットカード発行を手掛けていることから、知名度の高さはいうまでもありません。

カードローン初利用者であれば、聞き慣れない名のカードローン会社より、既にご存知の信販会社を利用するのもいいでしょう。

事前に確認しておきたい独自サービス

信販系のカードローンでは、提携ホテルなどを優待価格で利用可能といった独自サービスを準備していることが多くあります。個人のライフスタイルによっては、その独自サービスを必要としていることもあるはず。まずはどのような特典があるのかを事前に調べておくこともおすすめです。

金利低め、最高利用限度額は高め

基本的に金利は銀行系に近い低さといわれていますが、上限金利を高く設定しているところもあります。

ですが、最高利用限度額は高めに設定しているところもあり、高額な借り入れを希望している人には、利用しやすいともいえます。

信販系カードローンも、金利や限度額は会社により違いがあるため、事前に要確認です。

総量規制のため大学生など対象者に注意

信販系のカードローンも、消費者金融と同じく貸金業者として扱われますから、総量規制の対象であることが原則です。そのため、申込者の他社借入などにより、希望する利用限度額が受けられないこともあります。

そして、アルバイトをしていない大学生や専業主夫など無収入の人は、基本的に申込対象者にならないため注意しましょう。

審査・融資までの手続き時間が長い

信販系カードローンの大きなデメリットとして、審査時間の長さが挙げられます。もちろん、全ての会社というわけではありませんが、審査に1週間~10日を要するところが多いのです。つまり、融資までには2週間以上かかる場合があるということ。

融資までに時間がかからないカードローンを選ぶのであれば、消費者金融の選択が適しています。

ショッピング機能などの付加はなし

信販系のカードローンということで、クレジットカードとの混同からショッピング機能がついているのではと考える人もいます。ですが実際にはそのような機能はついていません。

カードローンでお金を借りる仕組み

まずは、カードローンで借り入れるまでの基本的な流れをご説明します。

カードローンでの借り入れは、借り入れ先や選択した申込方法により違いがあるものの、基本的には、「申し込み~審査結果~契約~借り入れ~返済」という流れになっています。

カードローンの申し込み方法

まず申し込み方法ですが、主に、WEB(インターネット)、自動契約機(無人契約機)、窓口電話による申し込み方法があります。このうち、時短かつシンプルに行える方法が、WEB申し込みです。他の方法では、来店・再来店、書類の受け取り・返送などの手間が多く、都合が良い時間帯に済ませられるとは限りません。インターネットでの申し込みであれば、24時間思い立った時間での申し込みが可能な上、記載ミスなどもその場でチェックされます。つまり、時間を無駄にする必要がないのです。

カードローン会社による審査

そして申し込み後は、カードローン会社によるお金を借りる審査内容の確認が行われます。まず、申し込み時に得た個人情報がチェックされます。そして、これまでのローンやクレジット利用の返済歴、その他借り入れと返済遅延の有無などを個人信用情報機関で照会。その結果、審査通過が可能かどうかの判断を下します。

審査の所要時間は会社によって異なりますが、一般的に営業日の1~3日、早ければ30分~1時間ほどです。急いでいる人は、申し込みを終える前に、審査に要する時間をチェックしておきましょう。

以下、カードローンの審査において基準となる重要なポイントの詳細を解説していきます。

申込者自身の個人信用情報

申込者の過去におけるクレジットカードやローンの利用状況、返済歴など「個人信用情報」は、審査の合否に大きく影響します。

例えば以下のような情報が記録されている場合、審査通過は難しいといえます。

  • 奨学金などの返済を延滞したことがある。
  • 携帯電話や光熱費などの支払遅延が多い。
  • 借金が返済不能となり、自己破産・任意整理などを経験している。

ちなみに、個人信用情報の照会先は、3つの機関となっています。

個人信用情報の照会先

もし自身の信用情報でどのような記録がされているのか不安な人は、申込前に開示請求を行うといいでしょう。

返済遅延リスクを高める他社借入状況

カードローンを申し込む前に、他社にて借り入れを既にしている場合、審査通過が困難になる可能性が高まります。他社への返済により、今後の返済がしづらくなるのではと貸付側が判断するためです。

だからといって、申込の際に他社借入状況で虚偽申告をしてしまうことは絶対にNG。審査では個人信用情報もしっかりと調べますから、すぐにバレてしまいます。申し込みで虚偽申告をしたとなれば、それもまた審査結果に大きな悪影響となるのです。

申告は必ず正確な情報を記入しましょう。

住宅購入・賃貸、住宅ローンの有無等

住宅を購入しローンを支払っている、賃貸に住んでいるということは、毎月の支払いが必ずあるということ。ローンを完済した持ち家がある人と比較すれば、カードローン契約後の返済能力は弱まると判断されがちです。

とはいえ、住宅ローンや賃貸料の支払いがあるために、カードローンの審査通過は無理というわけではありません。あくまでもマイナス評価とされる可能性あり、という程度に認識しておきましょう。

また、住宅の居住年数が長いほど生活の安定性が高めと判断され、審査にプラス評価となるともいわれています。

収入~年収○万円以上ではなく安定性

カードローンでは、400万円以上の年収があれば審査通過になりやすい、といわれています。ですが実際には、「安定した収入が毎月得られているかどうか」ということが重要視されます。

高年収を得ている人であっても、月々の収入が不安定であれば、審査落ちになる可能性大と覚えておきましょう。

職業・勤続年数と在籍確認

大手の企業に勤務している、公務員であるなど、勤務先職種によって審査結果にプラスとなることも。加えて、勤続年数が長いほど生活に安定性があると判断され、プラス評価が得られます。

一方で転職直後など勤続年数が短ければ、審査通過の確率は低くなりますから、申し込みの時期には要注意です。

もちろん、基本的にどの貸付側でも勤務先への電話確認「在籍確認」を行っていますから、職業に関しての虚偽申告も絶対NGです。

カードローンと契約

審査が無事に通過となったら契約、カードを受け取ることができます。基本的に、郵送か店頭での受け取りになりますが、いずれにしても本人確認のため、運転免許証パスポート健康保険証などのIDが必要になります。(関連:健康保険証だけでお金を借りれるカードローン)

郵送であれば、契約書類もカードと一緒に届きますから、書類に必要事項を記入、返送して契約完了です。店頭での受け取りでは、契約書類をその場で完了させ、カードの受け取りとともに契約完了となります。会社によっては、カードだけ契約機での受け取りとしているところもあります。

公式サイト・スマホアプリ利用で借りる

貸付側によっては、カードレスのカードローンを設定しているところもあります。公式サイトやスマホアプリを利用して、シンプルな借り入れ・返済を可能としています。

カードレスのメリットとして、周囲にバレにくいこと持ち運び不要ということが挙げられます。このようなメリットを希望する人は、カードレスのカードローンを申し込むことがおすすめです。

契約後お金を借りる流れ

最近は本人確認IDをアップロード、カードローン契約~融資をスピーディに行う「WEB完結(インターネット完結)」も有名です。借入先によっては即日融資も可能としています。

コンビニATM利用が便利

契約完了後は、指定のATMより現金借り入れができる上、指定口座への振り込みや窓口での受け取りも可能です。

自動融資など様々なサービス提供あり

専用アプリで借り入れ(関連:スマホでお金借りるアプリ)するなど、カードレスローンを行う金融機関・業者も今は増えています。他にも、契約さえ完了していればカードが届く前に指定口座への振り込みを可能にしているところもあります。引き落としなどで口座残高不足となる場合に便利な機能である自動融資など、各社で様々なサービスが提供されています。

カードローンで借りる方法は豊富にありますから、まずサービス内容を比較することも、カードローンの選択方法といえます。

借入の返済の種類

そして返済には、以下に挙げる方法が一般的です。

  • 指定口座より自動引落
  • 提携金融機関・コンビニなどに設置されているATMより返済
  • 自社ATMより返済
  • 窓口返済

ちなみに、金融機関・業者により返済方法は違うため、返済方法がフレキシブルなカードローン会社を選択する人も多いようです。

カードローンでお金を借りる時の申込方法

カードローンを契約するための第一歩である、主な申し込み方法の詳細についてまとめていきます。

WEB(インターネット)から申し込む

WEB(インターネット)では、パソコンやスマホ、ネット環境さえあれば、場所や時間帯を気にせず申し込みできることが特徴です。本人確認のための書類もメールやサイトでのアップロードで提出可能なので、その手軽さが人気です。

特に最近流行りのWEB完結であれば、来店不要で申し込みから借り入れまでの手続きが可能(関連:来店不要でお金を借りる)。誰にもバレたくない、(関連  >>誰にもバレずにお金借りる)、急ぎのキャッシングや即日融資が必要な人にはおすすめです。
(関連 >>即日お金借りる方法は銀行振込)

インターネットに不慣れな人であれば、電話の申し込みもいいでしょう。申し込み専用ダイヤルへ直接電話をし、申し込みを行います。その際本人確認書類は、ネットはもちろんFAXや郵送、自動契約機(無人契約機)でやり取り可能。不明なことがあれば、その時に直接伺えるというメリットがあります。
(関連 >>お金借りるための必要書類)

自動契約機(無人契約機・ATM)で申し込み

また、とにかく申し込みからカード発行までを一貫して済ませたいという人には、自動契約機(無人契約機)の利用も一つの方法です。専用のATMで行うため、WEB完結とは違い出向く必要がありますが、時短で行えます。
(関連 >>お金借りる方法は銀行振り込みか提携銀行ATM)

窓口で申し込む

そして窓口での申し込みも、出向く必要があります。本人確認書類を必要とするケースがほとんどで、忘れた場合は再来店となることも。ただ、スタッフによる対応ですから、不明点などの質問ができ記入漏れといったミスも防げて、安心感が持てます。

カードローンでお金を借りるメリット

銀行などの金融機関、消費者金融 信販系のカードローンの特徴は、それぞれ上記でご紹介しています。こちらでは、カードローン自体のメリットをご紹介しましょう。

突然の出費にも無担保で借入可能

カードローンは、無担保・無保証で利用できる借り入れ方法です。全国各地に提携ATMが多くありますから、契約さえ完了していれば、自身のタイミングで借り入れ可能、いつでも安心です。

借入限度額内で何度でも借りられる

そして、決められた限度額内であれば、必要な額を何度でも借入できることも大きなメリットといえます。

一時的にお金を借りたい場合にも最適

例えば、1ヶ月~数ヶ月といった短期間でお金が必要という時にも、カードローンはとても便利。特に初めての利用者であれば、無利息期間サービスで借り入れも可能です。

一時的にお金を借りる方法(関連:どうしても今すぐお金を借りたい時の方法)は、金融機関だけではなく公的制度も考えられます。ただし、申し込み手続きや審査、融資までに時間がかってしまうことが多いもの。カードローンであれば、業者によって最短即日融資も可能としており、一時的な融資もスピーディに受け取れます。

資金使途は自由度が高め

生活費や交遊費はもちろん、医療費や香典など様々な目的に利用できることも、カードローンでお金を借りるメリットの一つ。資金使途は基本的に自由ですが、事業資金には使えないものもあり、注意が必要です。

定額返済の残高スライド方式が便利

カードローンを扱っている金融機関・業者により違いはあるものの、返済に「残高スライド方式」を設定しているところが多くあります。この方式では、借入残高に応じ定額返済/月としており、明確な返済額から、計画的な借入・返済をしやすいといえるのです。

女性専用キャッシングサービスあり

カードローンで有名な消費者金融は、「サラ金」と呼ばれていた昔とは違い、今ではクリーンでオープンなイメージを持っています。そのため、女性利用者も増加傾向にあります。

中でも、女性専用のカードローンは人気。

とはいえ、金利や利用限度額、審査内容などは、通常のキャッシングと変わりありません。では何が違うのかというと、

  • 女性向けの受付と対応

が加えられていること。

女性専用ダイヤル・受付が設けてあり、疑問や相談があった時に、同性の対応で安心感が持てます。他にも、審査での在籍確認や店内での対応も女性担当者が行うなど、利用しやすいような配慮が施されています。

もちろん、女性専用カードローンは銀行などの金融機関でも設定しているところがあるので、気になる女性はチェックしてみましょう。

カードローンでお金を借りる前の確認・注意点

カードローンは利便性が高い借り入れ方法であり、人気が高まっています。ですがやはり、デメリットもあるもの。

こちらでは、デメリットや申し込み前の注意点などをご紹介していきましょう。

幅広い年齢層に人気だが年齢制限あり

カードローンはどの年齢層にも利用者が多い借り入れ方法となっていますが、年齢制限があります。

原則として20歳未満(未成年者)NG

申込対象者の下限年齢は、原則として成人年齢、つまり20歳以上となっています。

ただし、2022年4月からの民法改正により、成年年齢が18歳以上となるため、カードローンの年齢制限も変わるかもしれません。

上限年齢の場合、65~69歳以下

カードローンを取り扱っている機関・業者によって上限年齢は様々ですが、基本的に65~69歳以下のケースが多々。特に、65歳前後の設定が多く見られます。

この理由として、日本では基本的に65歳が定年年齢ということで、「安定収入あり」と考えられているからでしょう。定年後は年金の受給がスタートし、労働による収入源は断たれてしまい、返済能力が低いと判断されることが多々です。

制限上下は高リスクと判断されがち

年齢制限の上限・下限年齢に近いほど、審査通過が難しい傾向にあることは確かです。

カードローン審査では、申込者における収入の安定性が重要視されるとお伝えしましたが、それは返済滞納のリスクを避けるため。20歳になったばかりだと、アルバイトをしている学生の可能性が高く、シフト制などから収入にも不安定さが見られることも。

また高齢に近づくほど定年間近ということから、収入源がなくなり返済が難しくなるのではと判断されやすい傾向にあります。

つまり、一般的に働き盛りといわれる25~40歳前後であれば、収入の安定性を考えると審査に有利といえるでしょう。

限度額で決定する金利がデメリット

カードローンでは、契約時に設定された利用限度額により金利が違う場合があります。限度額が低めの場合は、基本的に金利が高くなることから、カードローンの大きなデメリットといえるでしょう。

そのため、カードローンを申し込む前に、上限金利を比較検討することが大切なのです。

手軽さから借金返済が長期化

利用限度額内であれば、何度でも借り入れ可能であり、毎月定額返済ができるなどのメリットを持つカードローン。そして、他のローン商品のように返済期間が決められているわけではありません。

スマホアプリ利用で全国各地の提携ATMにていつでも借り入れ可能ということから、追加で借り入れる人も少なくないでしょう。そのために、返済期間が延々と続くことになることも。

他ローンの審査に影響

カードローンを契約している場合、その利用限度額が審査で評価額とされます。つまり、カードローンの利用限度額が100万円であれば、審査にて100万円の借り入れありと判断されるのです。そのために、自動車ローンや住宅ローンといった他ローンを申し込んだ場合、審査通過が難しい可能性も。

状況により、他ローンの申し込み前にカードローンを解約する必要もあるでしょう。

初めての人用に無利息期間も存在する

カードローンでは、その契約時の金利設定により利息がかかることになっています。ですが、金融機関・業者によって無利息期間サービスを設けているところがあります。

例えば、「30日間の無利息期間」があるとしましょう。25日後に全額返済できるとわかっている場合、必要な額だけを借り30日以内に完済すれば、無利息の借り入れとなるわけです。
(関連 >>借金返済のコツ教えて!完済に向けて返済額を減らす早く返す上手な方法)

ただし貸付側によっては、その期間が「初回借り入れより30日間」、「契約日より30日間」などと違ってきます。利用対象者は、事前にそのスタート日もしっかりと確認しておくことが大切です。
(関連:今すぐお金借りる方法!即日必要で借りたいなら『お金借りる今すぐナビ』)

キャッシュバックのキャンペーンもあり

また、一定期間の利息だけキャッシュバックしてもらえるキャンペーンを行っている金融機関・業者もあります。申し込み前にお得な借り方のチェックも必須です。

そして、できる限り低金利のカードローンを選択することも重要です。一般的に、消費者金融よりも銀行の金利が低め。特にネット銀行であれば、管理しなければいけない店舗を持たないことから、店舗型銀行よりも低金利の傾向にあります。
(関連 >>金利を気にするよりも大切な返済総額や資金繰り等のポイント借金の一本化(おまとめローン)して金利を下げるデメリット・注意点を解説)

利用限度額が高額であるほど低金利

カードローンで高額融資を希望している人には、利用限度額が高くなるほど低金利になることも覚えておきましょう。

高額なカードローンは、当然ながら高所得者への融資に限られています。返済の確実性も高く、カードローンが高額になるほど貸し倒れリスクは低くなると考えられ、金利も低い設定に。そういったことから、金利を低く抑えるために、高額利用限度額のカードローンを契約するという利用法もあります。ただし利用額が限度額よりも明らかに低い場合は、限度額を減額されるケースもあり、注意も必要です。
(関連 >>毎月の返済額は少ないが約半分は金利)

審査なし・審査甘めのカードローンあり?

まず結論からいいますと、審査なしのカードローンはありません。ネット上などでよく、「審査なし、即日融資可能」といったキャッチーなフレーズを目にします。ですが実際には、正規のカードローン取扱業者・金融機関は、以下に挙げる3点を重要視、審査を行っています。

  • 返済不能から貸し倒れリスクを回避する
  • 返済能力がない利用者への貸付で、法的なリスクが発生することを回避する
  • 申込者が誠実に完済を目的としているかどうかを判断する

貸付側にリスクが及ばないように、審査は厳しく行われることが基本です。

逆に、審査なしで即日融資を可能としている貸金業者があるとしたら、ヤミ金の可能性が高く、利用は絶対にNGです。

そして審査甘めのカードローンですが、金融機関や大手消費者金融などとの比較でいえば、中小消費者金融が挙げられます。

多くの金融機関や大手消費者金融、信販会社などは、収入がない専業主婦(主夫)を申込対象とはしていません。ですが中小消費者金融の中には、配偶者に安定した収入があれば申し込みを可能とする「配偶者貸し付け」を行っていることも。ちなみに、銀行といった金融機関の中にも配偶者貸し付けを行っているところがあるので、専業主婦(主夫)にはおすすめです。

また中小消費者金融であれば、大手消費者金融や金融機関などに審査通過とならなかった場合でも、利用できる可能性大といえます。

ただし、あまりにも審査甘めの業者には要注意。中小消費者金融では安全な選び方も大切です。法的に正規な業者であることも選択の一つです。

カードローンの審査通らない場合

カードローン審査に通過しないということも当然ながらあるものです。その理由には、以下のようなことが考えられます。

  • 貸付側による申込み条件を満たしていない。
  • 在籍確認が取れない。
  • 信用情報に問題あり。
  • 他社借入件数、借入金額が過剰で、ギリギリ総量規制内あるいは総量規制外。
  • 勤続年数が短い。
  • 収入に安定性がみられない。
  • 短期間で信用情報照会履歴が多め。

カードローン審査に通過しないからといって、短期間で複数社に申し込みをすることも、記録に残るため絶対にNGです。

まずは何故審査落ちしてしまったのかを考えることも大切です。

無職でもどうにかして利用するには?

基本的にカードローンの利用には、申込者が安定した収入を得ていることが条件です。つまり、職に就いていない上に無収入であれば、カードローンを申し込むことはできません

ただし無職であっても株式投資、役員や不動産収入などから安定した収入が得られていれば、審査通過の可能性は高くあります。

また既述していますが、配偶者に安定した収入がある専業主婦(主夫)なら申し込みを可能としている金融機関・業者もあります。(関連:専業主婦がお金を借りるにはどうしたらいい?)

無職の人はまず、申し込む前に自身が申し込みの対象者であるかどうかをチェックすることが大切です。

今すぐお金を借りたい時にも重宝する

最後に、カードローンは基本的に他のローンと比べて、借り入れの使途が自由であり、申し込みから融資の期間が短めです。申し込みの手続きが比較的簡易であるため、それぞれの状況に合わせ、とにかくスピーディに融資を受けたいという人に向いています。

ですが、他のローンよりも金利が高く設定されている傾向にあることも忘れてはいけません。融資を受けるまでの期間に余裕が持てる人、金利を抑えて融資を受けたい人には向いていないローンと言えます。

特に、初めての利用者であり、安心してカードローンを利用したい人は、金利に要注意。上限金利(参照:上限金利について【貸金業界の状況】 | 日本貸金業協会)が適用されるケースも考え、各社の上限金利もしっかりと確認しておくことが大切です。

・関連ページ >>今すぐお金借りる方法!即日必要で借りたいなら『お金借りる今すぐナビ』

・TOP ランキングへ戻る >>今すぐお金借りる方法!即日必要で借りたいなら『お金借りる今すぐナビ』
―――――――
【最新版】ランキング
【直近3ヵ月の申込数順】※当社調べ
―――――――
今月の注目枠
🔰三菱UFJ銀行カードローン バンクイック

↑融資まで最短翌営業日↑
―――――――
【下記ランキングについて】
WEBで完結&最短1時間在籍確認なし郵送物なし!
【審査通過の簡単な3つコツ】①借入上限額を高くし過ぎない②年収を偽らない③情報の入力ミスに注意

―――――――

1位 プロミス

三井住友銀行グループ

審査⇒借入まで最短30分即日借りれる!瞬フリ(振込キャッシング)で24時間365日最短10秒で金融機関口座への振込も。電話・在籍確認なし!初回30日間利息なし!(土日祝も当日借り入れ可能)

※在籍確認(電話)の要望がある場合は、申込完了後すぐに相談をお願いします。

2位 アイフル
郵送物なし・在籍確認なしのWEB完結だから誰にも知られずに借り入れができます。簡単3ステップで借り入れができて、審査も最短30分。(平日~土日祝でも当日可能)

3位 SMBCモビット
インターネットからの申し込みで電話も郵送物もなしで、WEB完結も可能です。今すぐお金借りたい時に最短60分で借りれる!(平日~土日祝でも当日可能) ※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
関連ページ