どこでお金を借りる?

カードローンでお金を借りる方法!おすすめの銀行カードローン・消費者金融はどこがいいか比較!

初めてカードローンの利用を検討している人には、カードローンの申し込みや審査について、不安に感じている人も多いことでしょう。カードローンは提供先により、細やかな注意点も違ってきます。

では、カードローンでお金を借りる方法、おすすめのカードローンなどをご紹介していきましょう。

このページの要約点
  • カードローンは担保・保証人不要の借入方法。
  • カードローンの金利比較にはまず上限金利を確認。
  • 早めの完済で返済額を減らすことが大切。
  • 低金利のカードローンは銀行やろうきん等。
  • 最短即日融資で選ぶなら消費者金融カードローン。
  • 無利息期間など充実した大手消費者金融もおすすめ。
お金を借りたい人向け【最新版】
>>借入先を絞り込み検索で探す
<審査通過に成功するコツ>虚偽(ウソ)は書かない ②免許証等の提出書類の添付忘れ ③限度額設定は必要な分だけ ※ブラックは申込・借入不可
―――――――
プロミス ※最短即日借りれる \初めてなら30日間無利息(条件下記参照)/
三井住友銀行グループの安心感『プロミス』

\申込も簡単で今すぐ借りれるプロミス/ ↓女性専用窓口『レディース プロミス』↓

―――――――
三菱UFJ銀行カードローン
バンクイック
※銀行ならではの金利 月々返済1000円~可!三菱UFJ銀行の口座不要
―――――――
アイフル ※最短当日借りれる \20時迄の審査申込で最短即日借りれる/
↓最新版ランキング↓

【目次】このページ先読み

お金を借りる方法の一つ!カードローンとは?

カードローン今すぐお金を借りられる方法の一つですが、他のローン商品やキャッシングとは少し違っています。

お金を借りるカードローンとは?

カードローンは、基本的に担保・保証人不要でお金を借りる方法となっています。契約時に利用限度額が設定され、その範囲内であればいつでも借り入れ・返済ができる、利便性が高い借り入れ方法です。

提供先としては、銀行や信金などの金融機関、消費者金融や信販会社などの貸金業者となっています。

資金の使用目的も原則として自由になっていますから、急な出費や生活費不足など様々なシーンに利用可能です。

カードローンによっては、おまとめや借り換えに利用できるものもあります。(関連:借金の一本化したい!おまとめローンのメリット・デメリットや借金解決策を解説)

カードローンとクレジットカード・キャッシング機能との違い

カードローンに似たキャッシング方法に、クレジットカードのキャッシング機能があります。どちらも必要な時にお金を借りられるサービスとして、利用者に人気の借り方です。

ですが、利用限度額と金利については違いがあります。

カードローンは一般的に、クレカのキャッシング機能に比べ、低金利設定となっています。そのため、長期の利用を検討している人には、比較的カードローンがお得な借り方といえます。

また、最大が約100万円の利用限度額であるクレカのキャッシング機能に比べ、カードローンは最大1,000万円であるところもあり。まとまったお金が必要という人にも、カードローンがおすすめです。

さらに年齢制限、特に下限年齢に関しても少し違いがあります。クレジットカードでは高校生を除いた満18歳以上であれば、申し込むことが可能です。

一方でカードローンは、基本的に20歳以上を条件としており、未成年の場合は利用できないため要注意。民法により、未成年の契約については、制限が設定されているためです。

カードローンでお金を借りる金利について

カードローンを提供している金融機関・業者は、保証料などの諸費用をプラスした金利の「実質年率(年利)」を表示しています。「不当景品類及び不当表示防止法(景品表示法)」にて実質年率の表示は義務付けられています。(参考:消費者庁「景品表示法」)カードローンの場合、ほとんどが保証料・手数料などを無料としているため、実質年率=金利と考えていいでしょう。

そして、カードローンを金利で比較する場合、各金融機関・業者の「適用金利」、「上限金利」を確認しましょう。ほとんどのカードローンは、実質年率の下限(%)~上限(%)で表記となっています。ですが基本的には、利用限度額により適用金利が設定されています。自身が希望する限度額の適用金利で比較するといいでしょう。

また初めてカードローンを申し込む場合、低めの限度額設定となることが多々ですから、上限金利も確認するようにしましょう。

その上限金利は、「利息制限法」と「出資法」により、年15.00~20.00%と決められています。(参考:日本貸金業協会「上限金利について」)

融資額 利息制限法による貸付の上限金利(年)
10万円未満 20.00%
10万円以上100万円未満 18.00%
100万円以上 15.00%
返済遅延の場合
遅延損害金として~20.00%

ちなみに、出資法違反の金利で貸付をした業者は、刑事罰対象となることに。利息制限法違反では、刑事罰は問われないものの契約無効となります。

カードローンでお金を借りる利息の計算方法について

カードローンの金利は実質年率での表記ですが、利息自体は日割り計算で算出されます。そのため、以下の計算式となっています。

  • 利息額=借入額×実質年率(%)×借入期間(日)÷365(日)

※うるう年の場合は366日で計算

借入金額30万円を例に、実質年率が15.00%の場合と18.00%の場合で利息を算出してみましょう。

30万円を6ヶ月(180日)借りた場合の利息
年15.00%の場合 30万円×0.15×180(日)÷365(日)=2万2,191円
年18.00%の場合 30万円×0.18×180(日)÷365(日)=2万6,630円

金利が違うカードローンで比較してみましたが、差額は4,500円弱とそれほど大きく感じないかもしれません。ですが借入金額、借入期間によっては、この差額は大きく違ってきます。

利息について注意しておきたい点として、早めの完済を目指すことで利息額が少なくなることを覚えておきましょう。上記の例で借入期間が90日の場合を見てみましょう。

30万円を3ヶ月(90日)借りた場合の利息
年15.00%の場合
  • 30万円×0.15×90(日)÷365(日)=1万1,095円
  • 借入期間180日の利息との差額=1万1,096円
年18.00%の場合
  • 30万円×0.18×90(日)÷365(日)=1万3,315円
  • 借入期間180日の利息との差額=1万3,315円

借入期間が短縮されるほど、利息は大きく違ってくることがわかります。

返済額の負担を減らすために余裕がある時に繰り上げ返済をし、早く完済することが大切です。以下の記事では、返済についてのコツをご紹介していますので、こちらも合わせてご覧下さい。

カードローンは銀行等金融機関と消費者金融等の貸金業者

上記で少しご紹介していますが、カードローンの提供先は大きく分けて以下の2種類となっています。

  • 銀行などの金融機関
  • 消費者金融や信販会社などの貸金業者

カードローンは、独自のサービスを充実させた信販会社系も人気が高まっています。ですがやはり、銀行や消費者金融のカードローンが申し込みのしやすさや利便性の高さから、利用者が多いといえます。

そして、銀行系と消費者金融系のカードローンには、それぞれ以下のような特徴が挙げられます。カードローンを選ぶ際には、自身に最適な特徴がどちらであるのかもベースに検討するといいでしょう。

カードローン提供先 特徴
銀行などの金融機関 銀行のローン商品ということで、安心感が高く、比較的低金利設定のカードローンとなっています。ただし基本的に、最短即日融資には非対応。
消費者金融 スピーディな審査で最短即日融資に対応しており、一時的にお金が必要、今すぐお金が必要という人におすすめ。(関連:一時的にお金を借りたい時に使える方法23選!用途別の借り方徹底解説)

カードローンでお金を借りるまでの基本的な流れ

カードローンの基本的な申し込みから契約、返済までの流れをご解説します。

提供先や申込方法の選択によっては、多少の違いはありますが、基本的に以下のような流れとなります。

基本的なカードローンの申込~契約・返済
  1. 申し込み~仮審査・本審査
  2. 審査結果の通知
  3. 契約
  4. 借り入れ~返済

①絶対に借りれるカードローンなし!申込~仮審査・本審査

カードローンの申し込みでは、一般的に以下のような方法があります。

申込方法 特徴
インターネット ネット環境にて、スマホやパソコンから申し込みを行います。場所や時間が限られることなく申し込み可能なことが大きなメリット。周囲にバレることなく申し込めることから、最も人気の申込方法といえます。提供先によっては、申し込みから契約までWEB(ネット)完結で行えるところもあります。(関連:来店不要のネット完結(Web)のカードローンで即日お金を借りる方法・条件・流れ・注意点等を解説)本人確認書類などについては、サイトのアップロードやメールの添付で提出します。(関連:お金を借りるための必要書類)
自動(無人)契約機 スピーディなところでは、申し込みからカードの発行まで行えます。本人確認書類などはその場で必要となることがほとんどです。
電話 申し込み専用ダイヤルなど、指定されている電話番号で申し込みします。本人確認書類などは、ネットや無人契約機、郵送、FAXなどにて行います。電話でのやり取りでは、その時に疑問点などを直接伺えること、入力といった操作の手間が省けることが大きなメリットです。
店頭 直接来店、申し込みを行います。その時に確認書類などが整っていない場合、再来店となることに要注意。スタッフによる直接の対応ですから、安心感とともに疑問点などをすぐ確認できることが大きなメリット。記入漏れやミスなどに不安がある人におすすめの申込方法です。

申し込み後は仮審査・本審査と進みます。

カードローンでは審査が行われるため、必ずしも誰もが借りられるとは限りません。審査落ちとなることもあるのです。「必ず借りれるカードローン」や「絶対に借りられるカードローン」などはないことを覚えておいて下さい。まずは申込条件を満たしているかどうかを確認しておきましょう。

そして提出書類についてですが、原則として以下のものが必要となります。

必要提出書類 詳細
本人確認書類 個人証明を確実に行える公的証明書が必要です。具体的には運転免許証やパスポート、健康保険証、マイナンバーカード、在留カードや特別永住者証明書など。
収入証明書類など 所得証明を確実に行える書類が必要です。必要となるケースは、希望の利用限度額が50万円以上もしくは他社との合算で100万円以上となる場合です。ただし場合によっては、限度額に限らず提出を求められることもあるため、要注意。また、専業主婦(主夫)の申し込みでは、配偶者の所得証明や同意書などが必要となるケースもあり。所得証明の具体例としては、源泉徴収票や確定申告書、納税証明書、直近2ヶ月分の給与明細書など。

 

②審査結果~お金借りるのに審査通らないこともある

既述しましたが、カードローンにも審査が必ずあります。審査基準は公表されていませんが、以下のような内容で判断されることが一般的です。

一般的なお金を借りる審査基準の例
  • 継続的な安定収入があるかどうか
  • 返済能力に問題がないかどうか
  • 過剰貸付にならないかどうか

審査では、返済能力有無のために、個人の信用情報もチェックされます。

自身の信用情報でどのような記録がされているか定かではない人は、事前に開示請求をすることも可能です。

開示請求では、信用情報機関に加盟中の金融機関・業者が登録した契約内容・返済情報などを確認することができます。

また審査には、他社借入総額・件数も影響することを覚えておきましょう。(関連:おまとめローンの審査に通らないのはなぜ?審査落ちする理由や対策を解説)既に他社借入総額が年収の1/3以上である、他社借入が複数件の場合は、審査通過が難しいといえます。

また審査結果前に、申込内容でミスや不明点などカードローン提供先が確認したい点がある場合、電話などで連絡があります。その連絡には必ず応対するようにしましょう。連絡が取れない場合、審査落ちとなることも珍しくありません。

そして、希望限度額についても注意する必要があります。特に貸金業者では、借入総額は年収の1/3までという総量規制をベースに貸付を行っています。(参考:日本貸金業協会「総量規制について」)銀行も、金融庁から過剰融資の指摘を受けて以来、自主規制を行っています。必ず年収の1/3以下の希望額で申し込むようにしましょう。

審査については以下の記事でも詳しくご紹介していますので、ご覧下さい。

そして審査結果は、メールや電話での通知となります。もちろん、店頭や自動契約機を利用した場合には、その場で知らされることもあります。

審査結果までの時間は提供先により違いますが、早いところで30分ほど、一般的には1~3営業日となっています。急ぎですぐに契約したいという場合には、最短即日融資でカードローンを提供しているところを選ぶといいでしょう。

一般的に、銀行カードローンよりも消費者金融カードローンの方がスピーディな審査を行うといわれています。

③契約とローンカード受け取り

審査通過となれば、契約へと進みます。申込時に本人確認書類が未提出の場合、契約時に本人確認のために書類提出となります。

ローンカードの受け取り方法では、基本的に以下の方法があります。

受け取り方法
店頭 店頭で契約書作成、カードもその場で受取可能です。
郵送 カードと契約関連書類が郵送されますから、書類に記入、本人確認書類を添付、返送します。提供先によっては、契約をネットや店舗で行った後に、カードだけが郵送されるケースもあります。
自動(無人)契約機 必要書類をスキャンして審査を受け、通過となればカードがその場で発行されます。ネットで申し込みなどを済ませてカード発行を契約機で行うところもあります。
カードレス
カードの発行をせず、公式サイトやアプリにて借り入れを行う方法もあります。また、銀行といった金融機関では、キャッシュカードにカードローンの機能を付帯する方法もあります。

④提携のコンビニATMでお金を借りる等借り入れ~返済

契約・カード受け取り後は、基本的に以下の方法にて借り入れ可能となります。

カードローンの借入方法

中でも近年では、パソコンやスマホからシンプルな入金依頼を可能とするカードローンが人気です。

また契約が完了さえすれば、手元へとカードが届く前に口座振込をするなど、金融機関・業者により様々なサービスを行っています。

そしてカードローンの返済では、月1回の支払いである「約定返済」、残高スライド返済と定額返済が主流となっています。

カードローンの返済 特徴
残高スライド返済 利用残高をベースに、月々の返済金額が最小限へと変動する返済方式です。返済を繰り返す毎に返済額が減少していきます。

定額返済

利用残高に関係なく、利用可能枠をベースに月々の返済金額を設定します。

そして、一般的に以下の方法で返済が行われます。

カードローンの返済方法
  • インターネットバンキングを利用する返済。
  • 口座引落し。
  • 自社・提携ATMより返済。
  • 窓口での返済。

最も利用者が多い返済方法では、自社・提携ATMを利用する返済方法です。全国各地にあるコンビニATMの利用が主流で、出張先でも返済可能です。

さらに近年利用者が増加傾向にある返済方法は、インターネットバンキング利用の返済でしょう。インターネットバンキングは24時間いつでも借り入れと返済を可能としているケースがほとんどですから、とても便利です。

ちなみに返済遅延では、遅延損害金を支払うことが一般的です。そして長期延滞や支払不能で債務整理などとなれば、個人信用情報に登録され、その後のローン商品で審査通過が難しくなることに。

カードローンでお金を借りるには、まずしっかりとした返済計画を立てることが大切です。そのために、金融機関・業者の公式サイト・アプリにて設けられている返済シミュレーションを利用するのもいいでしょう。

カードローンでお金を借りる注意点

上記で細やかな注意点をご紹介していますが、カードローンを申し込む前に、以下の注意点も理解しておくことが大切です。

住宅ローンなどの目的別ローン・フリーローンより金利高め

カードローンは、利用限度額内であればいつでも自由に借りられるため、とても便利な借入方法といえます。ですがその分、他のローン商品に比べ金利が高めの設定であることが多々という難点あり。

ですから、お金を借りる目的がしっかりとしている場合は、目的別ローンの利用も検討してみましょう。

延滞ブラックでも借りれるカードローンはある?

延滞や債務整理などの履歴があるブラックの場合、銀行などの金融機関や大手消費者金融ではお金を借りることが非常に困難です。

ですが、独自の審査基準にて申込者の返済能力を判断する中小消費者金融によっては、審査通過の可能性があることも。必ず貸金業者として登録済みのところで、貸付条件などの詳細を確認してから申し込んでみましょう。(参考:金融庁「登録貸金業者情報検索サービス」)

ただし、「スーパーブラックでも借りれる」、「審査なし・本人確認なしでお金を借りることが可能」などの謳い文句に要注意。そのように誘ってくる業者は、未登録業者、つまり違法のヤミ金である可能性が高く、危険なリスクを伴う借り方となってしまいます。

また、個人間融資掲示板の利用も絶対にNGです。裏でヤミ金が潜んでいる場合も多く、問題が多い借り方なのです。

どうしてもカードローンでお金が借りられない場合は、審査がない借入方法を選択することも一つの手です。

また、低金利・無利子でお金を借りることが可能な公的融資制度を利用することも検討してみましょう。ヤミ金を利用するよりも断然健全な借り方です。(関連:低金利・無利子でお金を借りる方法・おすすめの借り方・期間などを解説)

専業主婦でも絶対に借りられるカードローンとは

カードローンでは、専業主婦(主夫)でも申し込み可能としている金融機関・業者もあります。ですが、「専業主婦でも絶対に借りられる」とは限りません。必ず審査があり、審査落ちとなれば借りられないため、ご注意を。

そして専業主婦がカードローンでお金を借りるには、その対応がされている金融機関・業者に申し込む必要があります。

カードローンを提供している多くの金融機関・業者が、申込条件として、以下のように定めているからです。

  • 継続的な安定収入と返済能力に問題がない人。

つまり、専業主婦(主夫)などの無職やアルバイトをしていない学生は、基本的にカードローンを申し込むことが不可能なのです。

特に、メガバンクや大手消費者金融では、収入を得ていない専業主婦(主夫)は原則として申し込みができないため、注意しましょう。

そして専業主婦(主夫)への貸付では、「配偶者貸付制度」を取り扱っている金融機関・業者の利用がおすすめ。配偶者に継続的な安定収入があれば、一部の中小消費者金融、ネット銀行や地方銀行などで申込可能です。もちろん、専業主婦に限らず、収入が少なめ・安定していないパート主婦(主夫)も利用可能です。

ただし配偶者貸付制度では、以下の点にも要注意。

  • 借入上限額を夫婦の総収入金額の1/3までとしているところが多いこと。
  • 利用時に収入を得ている配偶者の同意書が必要としているところが多いこと。
  • 同意書の他にも婚姻関係証明書(住民票)など提出書類が通常より多いこと。
  • 基本的に最短即日融資には対応していないこと。

ちなみに専業主婦の場合、以下の記事で女性が借りやすい方法についてご紹介しています。

コンビニでお金を借りる等すぐ対応可!借金癖になりやすい

カードローンの強みは、今すぐお金が必要・お金を借りたいという時に、全国各地の提携コンビニATMで借りられることでしょう。ですがこの強みこそが、借金依存症へと導くデメリットでもあるのです。

カードローンは使途も自由で借り入れがしやすいことから、個人によっては借金癖を引き起こすことに。

いつでも借りられる、というのではなく、どうしてもお金が必要な時だけに利用するという意識を持ち、正しい借り方をしましょう。

また返済の長期化を防ぐために、借り入れよりも可能な限り繰り上げ返済を積極的に行いましょう。

カードローン審査で個人信用情報機関に履歴が登録される

カードローンの審査を受けた場合、個人信用情報機関にて利用履歴が登録されることになります。申込者がその後に住宅ローンや新規のクレジットカードを検討している場合、その審査で信用情報機関に照会されることに。

その時にカードローンの利用歴があるということがわかり、住宅ローンなどの審査通過が難しくなるケースもあるのです。

ここで気をつけておきたいことは、審査通過の可能性が高いカードローンを申し込んでおくこと。審査落ちとなればネガティヴに判断されかねません。そして返済を延滞するなど、事故情報が登録されるようなことは避けましょう。

カードローンでお金を借りるのに会社の在籍確認なしもあり?

カードローン審査では、会社へ電話連絡をする在籍確認は必須となっています。金融機関・業者では、ローン申込者の返済能力を確かめることが義務付けられており、在籍確認もその一つなのです。(参考:金融庁「貸金業法等の改正について」)もちろん返済能力の確認だけではなく、申し込みで虚偽申告をしていないかどうかの確認方法ともいえます。

そのため、在籍確認なしで審査をすることはできませんが、提供先によっては条件付きで電話連絡なしにできるケースがあります。銀行など金融機関では難しいですが、大手消費者金融の場合、書類提出などの条件で在籍確認がなしになる可能性があります。周囲に借り入れをバレたくないなど気になる人は、申し込み前に担当者へ尋ねてみるといいでしょう。

ちなみに、会社への連絡なしを希望する場合に必要な書類では、例として以下が挙げられます。

  • 給与明細書など収入証明書
  • 社員証
  • 直近3ヶ月分ものタイムカードや出勤簿など

また、書類提出に加えカードローンの希望限度額を少額にすると、会社への電話連絡なしにしてもらいやすくなることも。

さらに、勤続年数が長い人や信用度が高い公務員などでは、希望により会社への連絡なしで借り入れがしやすいともいえます。

ただし、複数の他社借入がある場合は、既に多重債務者への可能性が高く、在籍確認は念入りに行われるはず。金融機関・業者では、返済能力がない人への過剰貸付が禁止されています。また、返済遅延歴がある人も要注意。

既に問題があるものの会社への電話連絡による在籍確認を回避したい場合には、必ず完済可能という強いアピールをしてみましょう。可能性は低いですが、もしかしたら電話連絡以外での条件を満たすことでOKとしてもらえるかもしれません。

カードローンは健康保険証だけでお金を借りることは可能?

現在では法律の定めにより、顔写真がない住民票や健康保険証だけでカードローンを契約することは不可能となっています。(参考:全国銀行協会「犯罪収益移転防止法に関するよくある質問・回答」)健康保険証と併せて追加書類の提出にて、カードローンの契約ができます。

詳細については以下の記事をご覧下さい。

おすすめの消費者金融カードローンでお金を借りる

利便性が最も高いといえるカードローンは、やはり消費者金融でしょう。スピーディな審査を行うところが多く、今すぐお金が必要という人におすすめです。

ただし、利便性が高い消費者金融カードローンにも、金利が高めなどいくつかのデメリットがあります。以下の記事でそのデメリットをご紹介していますので、理解した上での利用をご検討下さい。

カードローンで今すぐにお金を借りるには大手消費者金融

とにかくすぐにお金を借りたいという場合には、大手消費者金融のカードローンがおすすめです。

申し込み時間帯にもよりますが、最短30分の審査時間で、急ぎの人に嬉しい最短即日融資に対応。利便性が高く、初めての人にも安心安全な借り方として最適です。

アコムのカードローンでお金を借りる

大手消費者金融の中でも利用者が最も多いとされるアコムは、自動契約機のむじんくんでも有名ですね。申し込み条件を満たしていることで、初めての人にも安心・安全で利用可能です。

アコムのカードローン
融資額 1万~800万円
金利(実質年率) 3.0~18.0%
返済方式 定率リボルビング方式
返済期日 1回の支払いが35日以内、あるいは毎月の支払い
遅延損害金(年率) 20.0%
特徴
初利用者には、契約日翌日より30日間の無利息期間サービスあり。最短30分の審査時間で最短即日融資可能です。来店不要のWEB(ネット)完結が可能で、自動契約機のむじんくんにてローンカードを発行すれば、土日祝日でも融資の可能性あり。また、楽天銀行口座があれば、24時間いつでも振込による借り入れが可能です。

プロミスのカードローンではスピーディな借り方が可能

ノンバンクカードローンでの顧客満足度調査にて1位となったプロミスは、「瞬フリ」の振込キャッシングが特徴的。

プロミスのカードローン「フリーキャッシング」
融資額 500万円まで
金利(実質年率) 4.5~17.8%
返済方式 残高スライド元利定額返済方式
返済期日 5・15・25・末日の中から選択可能、ただし指定銀行以外の金融機関で口座振替の返済を希望の場合は毎月5日
遅延損害金(年率) 20.0%
特徴 指定銀行への最短10秒で振込によるキャッシングを可能としており、24時間いつでもOK、振込手数料無料。WEB完結に対応しています。初契約者限定の30日間無利息サービスもあり、借入日翌日から適用となるため、契約後も自身の都合に合わせた借り入れが可能。ただし、無利息期間サービスの利用には、メールアドレス登録とWEB明細書を利用することが条件となっています。

アイフルのカードローンは家族にバレない借り方が可能

カードレスの選択可能で郵送物なしを希望している人には、アイフルのカードローンもおすすめです。

アイフルのカードローン「キャッシングローン」
融資額 800万円以内
金利(実質年率) 3.0~18.0%
返済方式 残高スライド元利定額リボルビング方式
返済期日 1回の支払いが35日以内、あるいは毎月の支払い
遅延損害金(年率) 20.0%
特徴 WEB完結対応で、最短30分のスピーディ審査。最短60分での融資も可能です。契約後はカードレス&口座振替登録を選択することで、郵送物はなしとなりますから、家族にもバレない借り方が可能。初回契約者限定で、契約日翌日より最大30日間の無利息期間サービスも提供中。

SMBCモビットでは会社への電話連絡なしが可能

SMBCモビットは大手消費者金融の中でも、WEB完結なら電話連絡なしを明確にしている唯一の会社です。必要書類を提出する条件がありますが、勤務先の人にバレてしまうリスクをおさえたい人にはおすすめです。まずは相談を受けてもらいましょう。

SMBCモビットのカードローン
融資額 1万~800万円
金利(実質年率) 3.0~18.0%
返済方式 残高スライド元利定額返済方式
返済期日 毎月5・15・25・末日より選択
遅延損害金(年率) 20.0%
特徴 WEB完結ならカード発行なし、入会完了メールが届いたら、すぐに利用できます。ただし、WEB完結の利用には、指定銀行の口座を有する人が条件となっています。三井住友銀行ならATM手数料が無料で利用可能。ポイントサービスやWEB完結なら電話連絡なしなどといったサービスを充実させています。

少額ならレイクALSAのカードローンでお金を借りる

5万円以下の少額融資希望者には、レイクALSAのカードローンもおすすめ。初回申込者限定で5万円までを180日間無利息で融資するサービスを展開しています。他にも条件付きの無利息期間が設定されていて、充実したサービスが人気。

レイクALSAのカードローン
融資額 1万~500万円
金利(実質年率) 4.5~18.0%
返済方式 残高スライドリボルビング方式、元利定額リボルビング方式
返済期日 毎月1回の返済日を、契約者の都合に合わせて指定可能
遅延損害金(年率) 20.0%
特徴

基本的に、日曜日は18時まで、それ以外は21時までに契約完了にて、最短60分の振込融資可能です。初回利用者で以下の条件により、設定されている無利息期間サービス受けられます。

  • 借入額全額30日間無利息…初回契約日の翌日より無利息開始。対象は自動契約機・電話での申し込み限定で契約額が1万~500万円の人。無利息期間経過後の金利は、年4.5~18.0%。
  • 借入額全額60日間無利息…初回契約翌日より無利息開始。ただし対象はWEB申し込み限定で契約額が1万~200万円の人。無利息期間経過後の金利は、年12.0~18.0%。
  • 借入額のうち5万円まで180日間無利息…初回契約日翌日より無利息開始。対象は自動契約機・電話での申し込み限定で契約額が1万~200万円の人。5万円を超える分は通常金利が適用となります。無利息期間経過後と5万円を超える分の金利は、年12.0~18.0%。

銀行カードローンでお金を借りるおすすめのところ

カードローンでお金を借りるには、やはり安心感が高い方法を第一に選びたいという人も多いのではないでしょうか。その場合には、銀行などの金融機関が提供しているカードローンがおすすめです。

中でもろうきんやJAのカードローンは低金利で有名ですが、

こちらでは、銀行カードローンについてご紹介していきます。

銀行からお金を借りる銀行カードローンとは?特徴について

担保・保証人なしで利用限度額内なら自由に借り入れ可能の銀行カードローンは、消費者金融よりも比較的最高金利が低め。

さらに、金融機関によっては条件を満たすことにより、カードローンの金利優遇といったサービスも充実させています。また、低金利で高額融資を可能としていることも、人気の秘訣といえるでしょう。

ですが、デメリットがないわけではありません。

銀行系カードローンは、審査時間が長いことが特徴として挙げられ、遅い場合には申し込みから1週間ほどかかることも。基本的に最短即日融資には対応していません。

また、消費者金融に比べ返済方法の自由度は低めであり、銀行側による指定日に返済することが一般的です。

カードローンで銀行からお金を借りる条件・審査は厳しめ

利用しやすい銀行系カードローンは総量規制対象外とはいえ、過去に金融庁から過剰融資での指摘を受け、自主規制を行っています。ですから、自身の年収に適した希望融資額を申告することが大切です。

もちろん、信用情報も照会されるため、申し込みは慎重に行いましょう。

低金利な銀行でお金を借りたい!ただし返済額に要注意

銀行系カードローンは、消費者金融に比べ金利が低めということ、金融機関という安心感から、利用者も増えていることは確か。しかも、月々の返済額が低めということも、借りやすさを強調しています。

とはいえ、以下の点には注意しておきたいもの。

  • 返済額が低め=返済が長期化する

低金利ということにこだわり、毎月の返済を最低返済額で設定してしまうと、利息ばかりを払っていることになりかねません。

それでも家計の収支を考えると最低返済額しか払えないというのなら、納得した上で返済していくことがベストでしょう。できるのであれば、返済計画は早めの完済を目指すことをメインとして、しっかりと立てておくことがおすすめです。

楽天銀行スーパーローンでお金を借りる

銀行系カードローンのおすすめでは、楽天銀行スーパーローンもその一つ。契約者にお得な期間限定のキャンペーンやポイント還元などのサービスが充実しており、利用者が増加傾向にあります。

楽天銀行のカードローン「スーパーローン」
融資額 最大800万円(10万円単位)
金利(実質年率) 1.9~14.5%
返済方式 残高スライドリボルビング返済方式
返済期日 約定返済日は1・12・20・27日より選択、ただし27日は引き落とし口座を楽天銀行口座に指定できる場合のみ
遅延損害金(年率) 19.9%
特徴 キャンペーンやポイントサービス、楽天会員のランクにより審査優遇などサービス満載。一部の時間帯などを除き、コンビニの提携ATMでは基本的に手数料無料で利用可能です。そして、最低返済額が2,000円ということも、毎月の返済負担を減らしたい人には最適です。またWEB完結にて、最短数日での融資も可能。楽天銀行口座開設は不要ですが、会員優遇サービスを考えると、楽天会員の人には特におすすめです。

三菱UFJ銀行バンクイックでお金を借りる

三菱UFJ銀行バンクイックは、全国各地で店舗数が多く、テレビ窓口でカードの受け取りが土日もOK。営業時間外で金融機関からお金を借りたい人には、まさに有効的なカードローンです。(関連:バンクイックで他社借り入れがある時の審査)

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」
融資額 10万~500万円
金利(実質年率) 1.8~14.6%
返済方式 残高スライドリボルビング方式
返済期日 35日ごとの返済、または毎月選択した指定日に返済
遅延損害金(年率) 契約時での同金利を上乗せ
特徴 WEB完結で、三菱UFJ銀行の口座を有していなくても24時間いつでも申込可能です。返済額は1,000円からとなっており、返済負担を減らしたい人にはおすすめです。メールアドレスの登録で、返済期日の3営業日前にお知らせメールが届けられ、返済遅延の回避をサポート。借り入れ・返済ともに、全国の三菱UFJ銀行はもちろんのこと、セブン銀行ATM、ローソンATM、E-net ATMは手数料無料で利用可。他にも様々なサービスが充実しています。

auじぶん銀行カードローンでお金を借りる

auユーザーには金利優遇があるため、既にauじぶん銀行を利用している人には是非ご検討を。リボ払いの借り換えにも最適です。

auじぶん銀行カードローン
融資額
  • 通常のカードローン、au限定割誰でもコース…10万円以上800万円以内(10万円単位)
  • au限定割借り換えコース…100万円以上800万円以内(10万円単位)
金利(実質年率)
  • 通常のカードローン…1.48~17.5%
  • au限定割誰でもコース…1.38~17.4%
  • au限定割借り換えコース…0.98~12.5%
返済方式 残高スライドリボルビング方式
返済期日 期日指定の返済日を選択可能、または35日ごとの返済
遅延損害金(年率) 18.0%
特徴 WEB完結でいつでも行なえ、返済額は1,000円から可能。三菱UFJ銀行やセブン銀行など提携ATMが全国各地に多くあり、その手数料は完全無料となっています。利用明細の郵送もなく安心です。特にauユーザーへのサービスが充実しており、借り換えにも対応しています。

みずほ銀行カードローンでお金を借りる

銀行の中でも低金利なみずほ銀行カードローンです。キャッシュカードに付帯できるということで、周囲にバレたくない人、複数のカードを持ちたくない人には最適です。

みずほ銀行カードローン
融資額 10万~800万円(10万円単位)
金利(実質年率) 2.0~14.0%
返済方式 残高スライド方式
返済期日 毎月10日
遅延損害金(年率) 19.9%
特徴 既にみずほ銀行にて住宅ローンを利用している人には、金利優遇が受けられます。カードローン専用カードはもちろんのこと、ローンカード不要でキャッシュカード兼用型も選択可能。ほか、カードローン利用で様々なサービスも準備されています。過去には申込者にお得なキャンペーンもあり、今後申し込みを考えている人は要チェックです。

・TOP ランキングへ戻る >>お金借りる今すぐナビなら即日お金が必要で借りたい人にも方法を徹底解説中
―――――――
【最新版】ランキング【直近3ヵ月の申込数順】※当社調べ
<審査通過の簡単なコツ>①情報の入力ミスに注意(嘘はNG) ②書類添付ミスに注意 限度額は必要な分だけ

1位 プロミス

三井住友銀行グループ

審査⇒借入まで最短30分即日借りれる!瞬フリ(振込キャッシング)で24時間365日最短10秒で金融機関口座への振込も。会社への電話なし!初回30日間利息なし!(土日祝も当日借り入れ可能)※在籍確認(電話)の要望がある場合は、申込完了後すぐに相談をお願いします。↓🔰申込も簡単で早い

プロミスのチェックポイント

アルバイト・パート・派遣社員・会社員・自営業者も申込可
20歳~50代に人気NO1
✅長期バイトをしている学生も可
低金利で・急ぎで必要な人
✅初回30日間無利息で一時的な借入も可
女性専用窓口あり
✅50万円以下なら免許証だけでOK
誰にもバレない体制が整っています。
 ※ネット申込で、職場への在籍確認がメールか電話を相談できます。(Web申込後すぐにオペ―レターに電話がおすすめです)
✅Web明細利用でカードレス・郵送物なし
✅毎回借りる時は口座に即振込
✅コンビニATMでも借りれる
✅最低返済額はは毎回1,000円~
返済サイクルは35日で安心
審査が不安な人は3秒診断後に申込を。
✅申込~融資/最短30分※土日祝も当日
\オリコン満足度ランキング1位「プロミス」/

↓女性専用窓口 レディースプロミスはこちら↓

今月の注目枠
🔰三菱UFJ銀行カードローン バンクイック

35日毎の返済可!銀行ならではの良金利
月々返済1000円~可!三菱UFJ銀行の口座不要

↑融資まで最短翌営業日↑

2位 アイフル
郵送物なし・電話連絡なしのWEB完結だから誰にも知られずに借り入れができます。簡単3ステップで借り入れができて、審査も最短30分。(平日~土日祝でも当日可能)

3位 SMBCモビット
インターネットからの申し込みで電話も郵送物もなしで、WEB完結も可能です。今すぐお金借りたい時に最短60分で借りれる!(平日~土日祝でも当日可能) ※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

 

4位 アコム

三菱UFJフィナンシャルグループで安心。初めての方は最大30日間無利息期間がありますので、一時的な立て替えにも便利です。平日はもちろん土日祝でも最短1時間で即日借りれます。(平日~土日祝でも当日可能) ※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
Web申込で来店不要!限度額最大800万円
郵送物なし可・バレずに最短即日融資

絞り込み検索で借入先を選ぶ【開く】

お金を借りるのは初めて?





職業は?







必要な借入れ額は?







借入条件は?











審査時間で選ぶ





審査から融資までの時間





金利は安い方がいい?





金融機関








関連ページ