条件別でお金を借りる

どうしてもお金を借りたい時も焦らずにすぐ借りる方法を探す

どうしてもお金を借りたいという時に、現代人はまず、すぐお金借りる方法をネット検索しますよね。ですが、とにかく借り入れをしたいということに気を取られ、自身に最適な借り入れ方法であるかどうかを考えずに決めてしまっているのではないでしょうか。

借り入れをする」ということは、当然ながら「返済をする」ということに等しいこと。まとまったお金が必要である時こそ、後に発生する返済のこともしっかりと考え、どうしてもお金借りたい時でも自身にとって正しいお金の借り方を見つけることが大切ですね。

このページの要約点
  • 即日融資を望むのなら、大手消費者金融のカードローン
  • 銀行などの金融機関や信販会社のローンは信頼性の高さが魅力
  • 超低金利や無利子の公的融資制度
  • 個人信用情報機関の照会による審査なしの借り入れ方法もあり
  • 様々な属性に適した借り入れ方法も要チェック
↓最新版ランキング↓

【目次】このページ先読み

焦る人も必見!お金を借りる方法は大きく分けて10選あり!

まずは、一般的にどのような借り入れ方法があるのか、知識として蓄えておくことも大切。では、借り入れ方法とその特徴を、それぞれご紹介していきましょう。

借り入れ方法選
  1. 消費者金融のローン
  2. 銀行や信用金庫などのローン
  3. クレジットカードのキャッシング枠
  4. 信販会社のローン
  5. 公的融資制度
  6. 従業員貸付制度
  7. 生命保険の契約者貸付制度
  8. 質屋
  9. 親や知人からの借り入れ
  10. その他

1. カードローンをメインとする安心安全の「消費者金融」

銀行とは違い、ノンバンクである「消費者金融」は、貸金業法(参考サイト:金融庁「貸金業法のキホン」)をベースとして融資を行っている業者であり、代表的な業者、いわゆる「大手消費者金融」は、電車広告やテレビCMなどによって多くの人に知られていますね。

かつては「サラ金」(サラリーマン金融)と呼ばれ、高金利過酷な取り立てといったネガティヴなイメージを強く持たれていましたが、法の改正(参考サイト:金融庁「改正貸金業法について」)によるグレーゾーン金利の撤廃サービスの充実化などから、現在にいたる正規の貸金業者は過去のイメージを一掃し、消費者へ安心安全な貸付を行っています。

また、大手銀行グループの傘下に置かれている消費者金融もあり、銀行グループということがさらなるイメージアップに繋がっているともいえます。

大手消費者金融カードローンで最短即日融資のキャッシング

そして消費者金融では、やはり利便性が高いカードローンが人気商品であり(関連ページ:カードローンでお金を借りる方法・申込や審査・注意点等解説)、銀行や信販などのカードローンに比べ、申し込みから融資までにかかる時間が短く、即日融資を可能としていることが大きな特徴でしょう。特に大手消費者金融では、無利息期間サービスなども充実させていますから、初めてお金を借りる人にも、安心感が持てる借り入れ先といえます。とはいえ、審査が甘いというわけではありませんから、個人信用情報機関がクリーンでない人は要注意

公式アプリなど利用で申込~借入~返済がシンプル

さらに、今では提携ATMスマホアプリにより、いつでも申し込みや借り入れができることも人気の秘訣。返済方法についても、消費者金融カードローンでは、会社によって返済サイクルなど自由に選択可能としているところもあり、自身のライフスタイルに適した選び方ができます。

ただし、消費者金融といった貸金業者は、「融資申し込み者の借入総額は年収の1/3まで」という総量規制(参考サイト:日本貸金業協会「総量規制」)をベースにしているため、申し込み者の年収によっては、総量規制の例外(参考サイト:日本貸金業協会「総量規制の例外」)を利用する以外で、高額融資を受けることが困難というケースが多々。

正規の街金・中小消費者金融も様々な属性に対応可能

一方で、街金とも呼ばれる中小消費者金融では、年収がない専業主婦(主夫)も配偶者の同意により融資可能な、総量規制の例外である「配偶者貸付」(関連ページ:専業主婦(主夫)がお金を借りたい時の方法と注意点と即日借りれない理由等解説)を行うなど、属性に合わせたローン商品も取り扱っています。

2. 「銀行や信用金庫など」の各種ローン商品は比較的低金利

銀行信用金庫といった金融機関は、やはり信頼度・安心度が高いことが大きな特徴です。しかも、取り扱っているローンはカードローンをはじめ、事業者ローン住宅ローン教育ローンなど種類豊富で、低金利。基本的に総量規制対象外となっているので、高額融資にも対応しています。

WEB完結のカードローン含め種類豊富だが審査厳しめ

中でも銀行カードローンは、消費者金融よりも低金利であることから、申し込み者が多いローンでもあります。

ただし、総量規制対象外の銀行カードローンは、過去に金融庁から過剰融資の指摘を受けたことから(参考サイト:金融庁「銀行カードローンの実態調査結果について」)、自主規制、厳格な審査、即日融資非対応となっています。

審査では、貸金業者同様、個人信用情報の内容がキーになります。さらに、銀行によるローン商品の申し込み条件には、

  • 保証会社からの保証を受けられる人

といった記載がされている場合があります。保証会社は、銀行と利用者の間に安心・安全な取引を可能とした環境を整える、いわゆる連帯保証人という存在です。前述通り、銀行では種類豊富なローンが用意されていますが、融資には当然ながら審査に通過する必要があります。もしも過去にクレジットカードなどで延滞といった金融トラブルを起こしていたのなら、申し込む銀行によっては保証会社からの保証を受けることができず、銀行の借り入れは不可能となってしまうことも覚えておきましょう。

3. 利便性が高い「クレジットカードのキャッシング枠」

既にお持ちの「クレジットカード」で、ATMなどからのキャッシングや口座振込の借り入れが可能な「キャッシング枠」がついている人には、決められている利用限度額内で借り入れが可能です。クレジットカードには、買い物での支払いに利用可能なショッピング枠と、このキャッシング枠が設けられていますが、申し込み時に設定された利用限度額は、カード取得後も利用者の希望によって、再度審査通過となれば、上限の増額も可能です。

サービス充実で便利!ただし返済方法などには要注意

クレジットカードの新規申し込みを考えている場合、よく行くお店で提携・発行されているカードポイント還元カード女性専用カードなど、自身に最適なサービスが充実したクレジットカードを選ぶことがおすすめ(関連ページ:>>パート主婦(主夫)がお金を借りる方法・カードローンの審査条件・注意点(今すぐ融資可能))。

提携ATMを利用したキャッシングは利便性がとても高く、クレカのキャッシング枠も人気の借り入れ方法となっていますが、限度額や返済方法、手数料などについては十分な注意が必要です。以下の記事に詳細をご紹介していますので、是非チェックしてみて下さい。

4. クレジットカード業務以外も対応!「信販会社のローン」

信頼度・安心性が高く、※信用供与をメインとするノンバンクの「信販会社」は、割賦販売法をベースに、経済産業省にて登録がされている企業です。クレジットカードの発行業務も含んでいることから、信販会社をクレジットカード会社として考える人も多いようですが、クレジットカード会社はクレジットカードの業務のみを取り扱っており、実際には双方が違った会社であることがわかります。

ちなみに、クレジットカード・キャッシング枠との違いには、融資限度額や金利が挙げられます。

信用供与…貸付や立替(ショッピングによるクレジット)、与信保証(他社借入の保証)をしたりすること。

消費者金融・銀行系とは違ったカードローンを提供

信販会社では、一般的にマイカーローン教育ローンが多く取り扱われていますが、消費者金融や銀行のカードローンとは少し違った特徴を持つ、信販会社のカードローンも近年人気です。

その秘訣に、比較的銀行カードローンに近いような低金利であることがいえます。そして、会社によっては融資枠にゆとりをもたせており、大型融資希望者にもお得な借り入れ方法となりますね。

さらに信販会社のカードローンを利用することで、信販会社がオリジナルで行っている、ポイント不可や割引といった優待サービスを提供してもらえるという特徴も魅力です。

低金利だが基本的に審査厳しめ&総量規制の対象

とはいえ、信販会社のカードローンは、信販会社が貸金業者とみなされ、借入総額を1/3までとする総量規制の対象(参考サイト:日本貸金業協会「総量規制について」)に。そのため、無職の人など利用には細やかな規制があり、申し込みには注意が必要です。

しかも、審査が厳しく、その時間は1週間以上かかることが多々であり、融資までには2~3週間が必要ということが大半です。

5. 超低金利&無利子!国や自治体の個人向け「公的融資制度」

失業中の人、母子父子家庭、高齢者世帯、低所得世帯など、生活再建を目指す人には、自治体などからお金を借りる「公的融資制度」の利用がおすすめです。超低金利、または条件によって無利子の融資が受けられますが、既に消費者金融などから借り入れをしている人が、公的融資制度へ借り換えるということは不可なので要注意。

手続き・審査に手間がかかるが目的別ローンは種類豊富

他に、教育ローン求職者支援資金融資制度なども低金利で準備されている上、手当金給付金も種類豊富。貸付では審査が厳しく、融資までに時間がかかることがデメリットとして挙げられますが、特に生活再建にはとても有利な融資制度となっています。申し込みの条件に当てはまる人は、必要書類を揃え、申し込んでみましょう。

事業資金には公的機関である日本政策金融公庫を利用

個人向けだけではなく、創業間もない個人事業主・自営業者の資金調達にも、公的機関による貸付制度の利用がおすすめです。超低金利日本政策金融公庫(通称:日本公庫)による事業資金の借り入れを行うことで、他の金融機関で高い評価を得られることもありますから、是非とも活用しておきたいもの。

6. 会社の福利厚生の一環として導入「従業員貸付制度」

勤務先で導入されている場合は、福利厚生の一環である「従業員貸付制度」を利用するのもいいでしょう。従業員貸付制度は、自社で働く従業員の生活基盤維持や金銭トラブル予防をベースに設けられた制度です。

ちなみに、従業員貸付制度は、会社によって「社内貸付制度」や「従業員貸付金制度」など、名称が違っている場合もあります。

希望の自社員対象、社内審査で決定

貸付対象者は基本的に「自社の労働者」ということですから、パートやアルバイトなども含まれているのですが、非正社員の離職率が高いことから、実際には正社員のみとしている企業が多い傾向にあります。

ですが、金融機関・業者の借入審査のように個人信用情報機関での照会をせず、社内審査を行うことから、金融事故情報が記録されている人であっても、審査に通過さえすれば、融資が受けられます。しかも、銀行や消費者金融のカードローンに比べ低金利で借りられ、返済は給与からの天引きと、手間が少ないことが大きな特徴といえます。

詳細については以下の記事でご紹介していますので、申し込み前に注意点などをチェックしてみて下さい。

7. 生命保険の解約返戻金を担保にする「契約者貸付制度」

終身保険養老保険といった、加入している生命保険で解約の際に返戻金がある商品は、その解約返戻金を担保としてお金が借りられる「契約者貸付制度」の対象となっています。審査なしで受けられる融資ですから、個人情報に不安がある人で対象の保険契約をお持ちの人には、是非とも利用したい貸付制度ですね。

貸付金額は生命保険会社や保険契約の解約返戻金額による

借入限度額は、一般的に解約返戻金の約70~80%と設定されていますから、解約返戻金額によっては、多額の融資が受けられるということに。

特徴としては、保険を解約することなく融資が受けられること、先に記述した通り審査が不要であることが挙げられますから、対象の保険さえあれば、ブラックの人も融資が受けられます。ただし、返済をしなければ保険が失効となる可能性もあり、以下の記事で詳細をご説明しています。

その名の通り、保険の契約者に限り利用できる制度ですから、自身が契約している保険があれば、契約者貸付制度の対象であるかどうか、まずは確かめてみましょう。

8. 審査不要・即日融資あり・ブラックOKの「質屋」も手軽

自身の所有物を担保に融資を受ける「質屋」も審査不要ですから、金融事故情報に悩まされている人も利用可能です。しかも即日融資可能としていることが多々ですから、今すぐお金が必要という人にも利用しやすいでしょう。

ブランドの品物などを担保に即日借入~期限内返済

担保とする所有物は、貴金属ブランド品がメインであり、利用者がたとえ完済できなくても、質屋としては担保の預かり品を売却すればいいことなので、取り立てもなく、利用者は担保の所有物を失うだけで済むといったメリットがあります。

買取が良い場合もあり!利用には注意が必要

ただし、担保の品によっては、融資を受けるよりも買取のほうがお得の場合もあり、質屋の活用法を十分に理解しておくことが大切です。

9. 曖昧な理由や口実はNG!「親や知人からの借り入れ」

様々な借り入れ方法を試したものの、願ったようには上手く行かなかった…そういうこともあるでしょう。そうなれば、やはり最後の手段である「親や知人からの借り入れ」も考えるはず。生活費程度なら、気軽に借りられる人も多いかもしれませんが、それでも信頼関係にお金が関わってくることですから、曖昧な頼み方は避けたいもの。

トラブル対策など注意点を心得、マナーよい借入を重視

借入希望額や関係の深さによっては、親や知人からの借り入れはしやすいものかもしれませんが、その関係を壊すことがないように、利息の設定借用書の作成など、「親しき仲にも礼儀あり」、とにかくきっちりとしておくことが大切です。

大切な人との繋がりが関わるわけですから、あくまでも最後の借り入れ手段とした上で、頼み方にも気遣いを表すことが重要です。

10. その他、様々な方法あり!ただし闇金などに要注意!

他にも、細やかな借り入れ方法は多くあります。近年では、LINEポケットマネーバンドルカードなどを利用した方法も人気ですね。

また、普通の借り入れとは違いますが、労働者の生活を最優先させるのに役立つ「給与前払い制度」も便利です(関連ページ:アルバイトでもお金を借りる方法一覧やカードローンがおすすめな理由・確実に審査に通るコツ)。

個人間融資など闇金・ソフト闇金の実態あり!利用はNG!

ですが、中にはとても危険な借り入れ方法もありますね(関連ページ:ブラックでも即日お金を借りる方法8選&解決策や注意点も解説)。例えば代表的なこととして、SNSを利用した「個人間融資」。こちらは裏で闇金が絡んでいるケースが多く、利用は絶対に避けたいもの。甘い言葉や広告に騙されないようにしましょう。

 

どうしてもお金を借りたいなら:条件別で説明

低金利最短即日融資少額借り入れ希望など、人によって第一条件は様々。自身の条件に合う借り入れ方法を理解してから行動したほうが、時間も手間も省けてお金をより上手く借りることができますよね。

こちらでは、以下の条件による借り入れ方法についてご紹介していきましょう。

条件別による借り入れ方法
  1. 今日中・最短即日融資
  2. 低金利・無利息
  3. 審査なし
  4. 少額融資
  5. 高額融資
  6. 周囲にバレたくない場合
  7. 土日祝日で融資可能
  8. 自身の属性に合わせた方法

1. 「今日中・最短即日融資」はまず消費者金融カードローン

お金が必要という人の中には、「どうしても今日中に融資を受けたい」と希望する人が多いもの。とにかくスピーディな融資を最優先に考えた場合、やはりおすすめは「大手消費者金融でお金借りるカードローン」でしょう。

申込~即日審査対応、サービスも充実

カードローンは、銀行などの金融機関でも提供されていますが、即日融資に対応しているのは消費者金融に限られています。特に大手消費者金融の5社は、最短即日融資に対応している上、無利息期間といったサービスも充実しています。

スマホアプリ利用でスピードキャッシングが可能

そして、提携ATMも全国各地に多く設置されており、スマホアプリを利用すれば、申し込みから融資までの手続きをシンプルかつスピーディに済ませられ、とても便利です。

他にお手元のクレジットカード・キャッシング枠

もちろん、キャッシング枠が設定されたクレジットカードを既にお持ちの人は、こちらも提携ATMにてすぐに借り入れが可能ですね。クレジットカード会社の中には、仮カードではなく正規カードを即日発行してくれるところもあり、審査通過&キャッシング枠設定さえすれば、即日キャッシングも可能です。ただし、クレジットカードの返済方法によっては、金利負担が重くなり、支払いが長引くといったリスクもあることを覚えておきましょう。

2. 「低金利・無利息」には大手消費者金融カードローン

低金利・無利息」に重視した借り入れ方法を検索する人は多いことでしょう。

少額融資で短期間での返済が可能なら、無利息期間サービスを行っている大手消費者金融のカードローンがおすすめ。基本的にサービスの適用には、初めての利用者であることが条件ですが、無利息期間内に返済することで、無利息となりますから、上手く利用したいサービスですね。

自治体などの公的融資制度なら安心、無利子も可能!

また、融資までの時間に余裕があり、申し込み者の対象であるのなら、超低金利の公的融資制度を利用することがおすすめです。条件を満たせるのであれば、低金利・無利子でお金を借りるでの借り入れも可能です。

銀行などの金融機関も低金利で便利

即日融資には対応していませんが、銀行などの金融機関で発行されているカードローン低金利でおすすめです。カードローンは、決められた上限額までであれば、自由に引き出すことができ、とても便利。特に労働組合をメインとした、非営利目的の福祉金融機関である「ろうきん」のカードローンは、一般的な銀行よりも比較的低めの金利となっています。

さらに金融機関では、目的別の低金利ローン商品も多く用意されていますので、自身の返済計画に適したローン商品を選ぶといいでしょう。

3. 信用情報の「審査なし」借入に質屋など選択肢様々

審査なし」(関連ページ:審査無しでお金を借りる確実・安全な方法・即日融資希望の時は消費者金融)で今日中にお金を借りたい場合には、質屋を利用することも検討しましょう。担保となる所有物が必要ですが、審査無しで即日融資にも対応可能です。

他に、勤務先で導入されているのなら、従業員貸付制度を利用するのもいいでしょう。社内審査はありますが、個人信用情報機関に照会することはありませんから、過去に金融事故があった人にも申し込み可能です。ただし、勤務先が銀行といった金融機関であれば、信用情報の照会をする可能性も高いといえるので要注意。

そして、加入している生命保険の契約者貸付制度も、審査はなくおすすめ。

銀行の定期預貯金を利用している人であれば、その定期預貯金を担保とした自動貸付も審査なしで用意されています(関連ページ:専業主婦(主夫)がお金を借りたい時の方法と注意点と即日借りれない理由等解説)。

クレジットカードのキャッシング枠が既に設定されている場合、こちらも即日で使えて便利。

もちろん、親や知人から借りる方法も審査なしですが、今後も良好な関係性を保つためにも、最終手段と考えたほうがいいでしょう。

近年注目されている給与前払い制度も検討価値あり

一般的な借り入れとは違いますが、給料日前に労働分の給料を前払いで受け取る給与前払い制度も(関連ページ:アルバイトでもお金を借りる方法一覧やカードローンがおすすめな理由・確実に審査に通るコツ)、勤務先によっては利用可能です。給料日前に労働分の支払いをしてもらえる制度で、導入している会社も増えてきています。まずは、勤務先で導入されているかどうかを確かめましょう。

4. 数万円~10万円程度の「少額融資」にはカードローン

少額融資で短期間の返済を可能とする人には、即日融資かつ無利息期間のサービス提供を行っている大手消費者金融のカードローンがおすすめ。無利息期間サービスが利用できない場合でも、他と比べて上限金利が低い大手消費者金融もありますから、申し込む前に上限金利をチェックしましょう。

また、少額融資希望の女性のために、女性専用のサービスを設けたカードローンもおすすめです(関連ページ:女性がお金を借りる方法や安心・安全なおすすめカードローン)。

自治体による低所得世帯向けの小口融資なども低金利

また、貸付対象者としての条件に当てはまる人には、各自治体で行われている超低金利生活福祉資金貸付制度を利用しましょう(参考サイト:全国社会福祉協議会)。中でも、基本的に無利子である「緊急小口資金」といった小口融資が用意されています。融資までに時間がかかることが難点ですが、一時的に生計維持が困難な状況にある人には、貸金業者や金融機関でお金を借りるよりも、返済負担が非常に軽い借り入れが可能となります。

銀行カードローンなど金融機関や質屋もおすすめ

あまり知られてはいませんが、銀行によっては、少額融資も可能としているカードローンの提供をしているところもあります。即日融資には対応していませんが、こちらも低金利で便利。さらに銀行では、定期預貯金を担保に自動貸付けも行っていますから、定期預貯金をお持ちの人には、利用しやすい貸付となっています。

そして、高級なブランド品や貴金属品を多く所有している人には、質屋の活用もいいでしょう。

5. 「高額融資」には比較的低金利な不動産担保ローン

高額融資では、金融機関ノンバンクで提供されている不動産担保ローンも、カードローンといった無担保ローンより比較的低金利で利用しやすいといえます。担保となる不動産の価値によっては、借入限度額も高額となり、おまとめローンとしても利用可能。利用者の総返済額を少なくすることもできますから、高額融資におすすめ。

ですが利用にあたり、登記手続きなどの事務手数料といった別途費用がかかるケースが多々。その費用は借入額により違ってきますが、総費用として数十万円ほどかかるケースもあり、要注意。不動産の価値や費用は、利用する金融機関・業者により違ってきますので、場合によっては不動産担保ローンを低金利で借りられたとしても、結局総支払額としては無担保ローンとそれほど変わりはなかった、ということも。申し込む前に、総費用額などはしっかりとチェックしておきましょう。

また、審査~融資までに時間がかかることも覚えておきましょう。詳細については、以下の記事でご確認下さい。

信販会社のカードローンなら無担保で低金利

信販会社のカードローンでは、ゆとりのある融資枠が大きな特徴でもあり、カードローンによっては1,000万円近くの最大限度額が設定されていることも。消費者金融に比べて金利は低めであることもメリットです。

ただし、融資までに時間がかかること、総量規制の対象となっていることなど、申し込みには十分な注意が必要です。

6. 家族や会社など「周囲にバレたくない場合」は大手消費者金融

借り入れのことを周囲に絶対バレたくないという人は多いはず。ですが、バレてしまう原因には、借入審査での在籍確認や自宅への郵送物など以外に、自身の返済遅延による督促連絡などもあり得るのです。まずは様々なトラブルの対策を講じている大手消費者金融のカードローンの選択が最適ですね。貸金業者によっては、条件付きで在籍確認を免除するなど、ある程度利用者の希望に対応してくれることもありますから、申し込み前に気になる点について担当者に相談することをおすすめします。

他にもバレない借り入れの方法について、以下の記事にてご紹介しています。借り入れがバレる原因やその対策についても、詳しくご説明していますので、借り入れの申し込み前に、是非ともご確認下さい。

7. 「土日祝日で融資可能」な方法にはカードローンが最適

金融機関・業者で提供されているカードローンですが、やはり土日祝日の借り入れには、スマホアプリWEB完結即日融資を可能としている大手消費者金融カードローンがおすすめです。

ただし、土日祝日に申し込み・審査が集中し、融資が翌日以降になることも。そのようなリスクを避けるために、以下の記事では土日祝日にカードローンで融資を上手く受ける方法をご解説しています。カードローン以外で土日祝日に融資を可能とする方法についてもご紹介しています。

8. 「自身の属性に合わせた方法」でお金を借りる

お金を借りる目的は、人それぞれです。ですが、お金を借りたい人の状況によっては、希望する借り入れ方法では融資が受けられない結果になることもあるのです。即日融資や低金利なども気になるところですが、自身の状況に応じた借り入れ方法を検索することも大切ですね。

例えば、お金を借りることが初めてという人は、不安感が先立っていますから、とにかく安心安全な借り入れ先を望むはず。以下の記事では、借り入れ初心者におすすめの借り入れ方法・借入先、目的別借り入れについて、注意点などもご紹介しています。

様々な職業の中でも、収入の安定性が高い公務員も、お金を借りる状況があるものですが、公務員ならではの借り方として、まずは「共済組合貸付制度」がおすすめ。ただし、お金を借りる目的によっては、共済貸付以外の借り方が良いこともあり、要注意です。

そして、個人事業主・自営業者が資金調達をする場合では、前述した通り、日本政策金融公庫での借り入れがおすすめです。もちろん、他にも多くの借り入れ方法があり、資金使途や事業に合わせ、無理のない融資を受けるようにしましょう。

女性の強い自立、未婚率が高まっている今、女性も少額・高額に関わらず、お金を借りる状況が増えてきています。借入先によっては、女性に特化したサービスを提供しているところもありますから、自身に適した安心安全な借り入れ方法が見つかるはず。

また、無職の人や年収が少なめの人は、返済能力が弱いと判断され、一般的に融資を受けることが困難とされています。ですが、お金を借りる方法が全くないわけではありません。それぞれの属性について、最適な借り入れ方法をご紹介していますので、是非ご確認下さい。

個人信用情報にて過去の金融事故が記録されている、いわゆるブラックの人は、全く無理と借り入れを諦めているのではないでしょうか。ですが、借り入れが全くできないというわけではありません。また、新たにお金を借りる前に、状況改善への解決方法なども、以下の記事にてご確認下さい。

 

【最新版】ランキング

【直近3ヵ月の人気・申込数順】※当社調べ
WEB申込で完結&最短1時間カードレス郵送物なしだから誰にもバレずに借りれます。

1位 プロミス
瞬フリ(振込キャッシング)で24時間365日最短10秒で金融機関口座への振込も。急いでいる方も安心です。

 

2位 SMBCモビット
インターネットからの申し込みで電話も郵送物もなしで、WEB完結も可能です。

 

3位 アイフル
郵送物なしのWEB完結だから誰にも知られずに借り入れができます。簡単3ステップで借り入れができて、審査も最短30分。
関連ページ